--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.08.27 02:25|イタリアの街
相変わらずちょこちょこ余震は続いています。旦那実家は夜はそれぞれの車で寝ています。

キャンピングカーで寝ている人もいます。

旦那の友人宅も屋根が落ちて住めない状態になっているそうです。

テレビでも、

この地震が日本で起きたとしたら全然大した被害は出なかっただろう 
とか、

日本の学校での地震訓練の様子なども放送しています。

まだまだ油断はできません。




***************************************
地震が起こったので前後しますが、22日にヨーロッパで一番大きい(←鍾乳洞のガイドさんが言った)フラサッシの鍾乳洞に行ってきました。

入場料は大人15.50ユーロ、6歳以下の子供は無料です。

鍾乳洞の入り口に車は多く止められないので1キロくらい離れたところにある駐車場でチケットを買って、指定時刻にバスで洞窟入り口まで移動します。もちろん、駐車場から洞窟入り口まで歩いて行っても構いませんが、料金にバス代も含まれてるので乗ったほうがお得です。

観光客はイタリア人だけでなく、フランス人、ドイツ人、そして中国人もいました。

駐車場兼チケット売り場にはたくさんの売店もあります。駅に直結してるので、車のない人は電車で来ることもできます。

洞窟内の写真撮影は携帯電話も含めて一切禁止されています。


なので、洞窟の入り口で写真を撮りました。
14100503_10210801287336621_8565470684311223433_n.jpg

洞窟入り口向かいの山。(崖)
14089177_10210801289296670_3610517261584242403_n.jpg

駐車場にある売店に売ってた羽根突きのドリームキャッチャー(3ユーロ)を娘がほしがったので記念に買いました。
14040156_10210820629380160_9078019241335375693_n.jpg
それにしても趣味悪!!なんでこんなもんほしがったんだろう??かわいい人形もあったのに。。。。

もちろん、買ってからは見向きもしません。





スポンサーサイト
2016.07.28 18:24|イタリアの街
先週末は雨が降り、どこにも行けないなあと思っていたのですが、日曜日の昼くらいに晴れ間が出てきたので以前から旦那が気になっていたマテリカと言う街にあるドラゴンパークに行ってきました。

敷地は広くないです。ただ単に恐竜のレプリカがところどころにおいてあって(10体もない。)、娘の通う幼稚園においてあるような簡単な遊具が少しと、軽食が取れるバールがあるのみ。

大体入場する前からどんな感じが予想ができたので、本来なら5歳以上~大人まで一人当たり5ユーロの入場料を、娘に関しては「もうすぐ5歳になる。」って感じでケチりました。(ケチって正解なくらいに大したことない。)

一応少し恐竜を見てみる娘。
13754510_10210513327897815_5952185101638979166_n.jpg
恐竜なんかより、遊具で遊ぶのに夢中でした。

だったら、こんなところにわざわざ来なくても近くの公園でも良かったのでは?と思ったけど、どんなところか謎が解けたのでまあ良しとしましょう。




2016.07.15 16:51|イタリアの街
今日は朝から雨が降り、長そでシャツが必要なくらい冷え込んでいます。寒暖の差が激しすぎで体調崩しそうです。

話はさかのぼりますが、先週の日曜日(10日)Castelluccio di Norcia(カステッルッチョ・ディ・ノルチャ)という。標高1452メートルの山の上に突然現れる平原の街に行ってきました。レンズマメで有名なところですが、この時期は咲いている花がキレイということでイタリアのあちらこちらから観光バス等で大量の観光客が押し寄せます。

写真がへたくそな私でも、簡単に美しい景色を撮ることができます。
blog_201607151643577ad.jpg

昼は近くの街で、家から持参したノンナ(旦那の母)作の座布団ピザ。最初はピクニックを嫌がってた娘も「またピクニック行く!」とすっかり気に入った様子。
13645179_10210385953233528_662636648596909324_n.jpg
車に常備しているレジャーシートですが、日本の100均で買ってきたものでサイズが小さい。ちなみに私は(腰痛予防の)日本から持参の超軽量の折りたたみいす、旦那は写真左下のスーパーのエコバックに腰掛けるという簡素なピクニック。これではちょっと恥ずかしいので早速新しいレジャーシートを購入しました。と言ってもアマゾンイタリアで、販売会社は夏休みに入ってるらしいので到着はだいぶ先です。

2016.01.11 22:52|イタリアの街
サンマリノ神社初詣の後は、昼食を食べることにしました。

節約のためにお弁当を作って行っても良かったんだけど、旦那がどうしても外食したいというので作らずに行きました。

時間も遅かったので、駐車してすぐに見つけたレストランに入りました。

Agli Antichi Orti
VIale F'Durbino 5 San Marino CItta' Tel 0549-992134

私はそんなにおなかすいてなかったけど、前菜フェチの旦那が注文した前菜

白いピザがめちゃくちゃおいしかった。パンはいらないので食べなかった。
DSC05415blog.jpg

ハムとチーズ
DSC05416blog.jpg

プリマハムか鎌倉ハムみたいなハム。イタリアでは食べたことない。サンマリノだからか?(サンマリノは国外のため、イタリアの携帯もローミングになるんだよ。)
DSC05417blog.jpg

私が注文。なすとリコッタのパッケリ。
DSC05420blog.jpg

退屈しだした娘相手に兜を折ってたら、店員がナプキン持参で「教えてください」と来たので、急遽折り紙教室をすることに(笑)
DSC05422blog.jpg
厨房に戻っては何度もこちらに確認に来るので(「どうしても覚えたい!!!」というので、)これほど熱心な人ならばと、いつも手帳に忍ばせてるる虎の巻(兜の折り方)を差し上げました。

たくさん食べたので、つい先日サンマリノに来たのにもかかわらず、再びサンマリノ中心地を歩いて食べた物を消化することにしました。

適当に撮った写真ですが。雲が下界に見えて仙人になった気分。
DSC05424blog.jpg

仲良く歩く旦那と娘。
DSC05423blog.jpg
次の次くらいに詳しく書こうと思いますが、最近の娘は日本語を話す(勉強する)のを嫌がってる傾向があり、(というのも、幼稚園で通用しないため)イタリア語を話す旦那と頑張って話しています。





2016.01.10 07:24|イタリアの街

★本日二度目の更新です

今日(9日)はMさん宅によってカメラを引き取ってようやく2016年の初詣に行ってきました。

行き先はサンマリノ神社 
◎神社のオフィシャルサイトはこちら(英語とイタリア語)=>http://www.sanmarinojinja.com/

イタリア在住者の間では知る人ぞ知る、サンマリノにあるちゃんとした神道の神社です。ウィキ情報によると、ヨーロッパにある唯一の神社との事。

神社は大通りから奥まったところにあるので、案内看板出てます。
DSC05393blog.jpg

大通りからとりあえず歩いてみるものの、神社は見えてきません。
DSC05394blog.jpg

しばらく歩くと右手奥に鳥居が見えてきました。
DSC05395blog.jpg

じゃーん!鳥居にはちゃんとサンマリノ神社って書いてあります。
DSC05397blog.jpg
写真ではわからないかもだけど、鳥居は結構低いです。

鳥居左にある神社の説明板。
DSC05398blog.jpg

鳥居をくぐると左手にはこんなオブジェ。
DSC05399blog.jpg

灯篭と神殿が見えてきました。
DSC05401blog.jpg

手水舎でお清めをしようと思ったのですが、鹿威しから水は出てなくてできませんでした。
DSC05402blog.jpg
見せかけだけの手水舎なのかな?

この「日本会議 千葉」はちょっと不明です。すみません。
DSC05404blog.jpg

DSC05403blog.jpg

DSC05405blog.jpg

お賽銭箱はありませんが、お神酒の近くにユーロや1円玉の小銭が置いてありました。
DSC05406blog.jpg
初詣なので私も当然お賽銭おいてきました。(ユーロで)

私が二拝二拍手一拝でお参りしてたら娘が「○○ちゃんももっとする!!」と言い出し、何度もする羽目になり、いい加減にやめようと言ったところ怒りだして旦那に八つ当たりしている娘の姿。
DSC05407blog.jpg

参拝してみた感想。

日本とサンマリノの友好の印として建立されたものの、普段は放置されてるのかなってな印象です。というのも、鳥居の根元(?)には冬なのに雑草が生えていたからです。神殿も少しほったらかしにされてる感じがしました。神社には当然ながら神主さん(神社近くのホテル経営者らしい)もいるらしいのですが、普段は神社敷地内にはいない様子です。

サンマリノ神社の御朱印もあるらしいので事前に神社の連絡先にどうやったらもらえるのか問い合わせたものの、返事は返ってきませんでした。時々神社はイベントを催してるようですので、その時にしか頂けないのかな?

お参りの後は神主さんの経営する立派なホテルを右手に見ながら昼食を食べるためにサンマリノ中心地に向かいました。




01 | 2017/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
310位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。