--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.12.18 19:27|音楽
実は娘がこちらの幼稚園で年中になったのを機にサンセベリーノのおばちゃんコーラスに復帰していたのですが、昨日は教会でのクリスマスコンサートがありました。

木曜日なので娘のプールがあり、旦那と一緒に娘のプールに付き添った後、旦那と娘は帰宅、私はその足で会場に向かいました。

コンサートはミサが終わった直後の18時半なのでゲネプロをすることもなくそのままいきなり歌いだすという、ちょっと綱渡り的な段取りでしたが何とか無事に終わりました。(ソロパートも任されてたのですがそんなに緊張しませんでした。)

ミサとコンサートには偶然にもスイミングで娘と同じ時間帯でクラスの違う5歳の男の子、フランチェスコ君(←私のお気に入り!ブログで書こうと思ってるんだけど機会がないのでそのうち。)も御両親と一緒に来ていました。

コンサートが終わった後は、大学の校舎でビュッフェの用意がありました!!
DSC05279.jpg
旦那と娘には夕食を用意して、私はビュッフェで色々食べてきました。たまにはいいよね!

今年のサンセベリーノのクリスマスイルミネーションはちょっと変わっててキレイと聞いていたので、帰りがけに写真を撮りました。
DSC05280blog.jpg

ちなみに、昼間はこんな感じでたくさんのクリスマスツリーがあります。(先日娘と一緒にサンセベリーノに散歩に来た時に撮った。)
DSC05267blog.jpg
オーナメントはあらかじめ、「ご家庭に眠ってるオーナメントがあれば寄付してください」って呼びかけの下に提供されたものです。

「交通費」として学長さんからギャラも頂いてしまったし、ビュッフェも食べられたし、フランチェスコ君&ご両親にも演奏を聞いてもらえたし、とても充実した日でした!

スポンサーサイト
2015.08.03 21:04|音楽
娘と旦那は8月1日から夏休みです。

私は無職で専業主婦なのであまり夏休みとか平日とか関係ありませんが、8月1日は結婚して以降初めてのアルバイトが入っていました。(と言っても、一日だけの単発。)

娘を産んで以降音楽に接する機会はほとんど持てないでいたのですが、出産前のクリスマス(2010年12月)に近所の教会でクリスマスのミサの際に演奏をした私のことを覚えていて、自分の息子が結婚する際には結婚式ではぜひ私に演奏してほしいと考えていたというおばちゃんと、私の演奏を聴いたこともないのにお願いに来るという、私に言わせれば超チャレンジャーな花嫁からの結婚式の演奏依頼でした。

ほんと、5年もたってるからものすごいブランクです!

出産前から参加してた、大きな隣町にある社会人大学のおばちゃんコーラス(ママさんではなく、本当に強烈なおばちゃんたちがたくさんいて面白い)は家から少し遠いのと、練習時間帯が不便な時間帯なのでお休み状態。(その間、演奏会があるたびに学長からいつも携帯に電話がかかってきてたけど、断ってた。)

近所の教会のミサに関しては、私が子育てでいけなかった間に入れ替わりで来たへたくそなフルート吹きがご近所さん集めて結成したコーラス隊のピアニストと馬が合わなくて、去年クリスマスで一回だけ歌ってそれ以降参加を拒否。フルート吹きとピアノ弾きは気に入らないけど、それ以外の人たちとは近所の行事で普通に付き合ってるので平気。それに私クリスチャンじゃないから教会に行かなくてもいいし。

結婚式の依頼をされたのは今年の2月だったのですが、娘も幼稚園に行ってて練習時間も取れるし、近所の教会のコーラスも拒否ってたので引き受けることにしました。それ以降毎日練習。自分の中で元に戻るまでものすごい時間がかかりました。

日本にいるときにお小遣い稼ぎで結婚式場での演奏経験はあったので、そんなに心配はしていませんでしたが、なにぶん勝手が違う。新郎新婦と綿密に打ち合わせしたのに、結婚式本番ではその通りに行かないし~!!!日本の結婚式は超楽ちん!時間通りに始まり、予定通りに進行し、さっさと終わる!

演奏そのものをミスったわけではありませんが、私に合図してくれるおばちゃん(これは新郎新婦が依頼したので私に責任はない)が合図のタイミング逃して一曲飛ばしちゃったりとまあ、段取りでの細かなミスはありました。

と言っても、私もイタリアでは初めての体験だったし、自分のキーボード持参の演奏ではないので相場の半額程度で引き受けたので彼らにとっても悪い話ではない。(キーボードはほかの教会から新郎と新郎父が前日に運んできてくれた。)

私も公の場で「自分はこういうことができるんだ。」という不特定多数の人に対して知ってもらえる場になったので良かったです。

心のこりはあるものの、結果的に新郎新婦&ご家族に喜んでもらえて、新郎のお父様から2割増しで謝礼を頂けたのでちょっと申し訳ないですが、私はマリアカラスではないし、アシュケナージでもないのでこれが精一杯です。勉強した人ならわかると思うけど、伴奏弾きながら歌う、しかも式の進み具合の状況判断しながらの演奏ってものすごい神経使うんだよ~。

ということで、半年ちょいの練習からようやく解放されて私も旦那と娘から1日遅れの夏休みです!







02 | 2017/03 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
327位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。