--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.12.09 19:36|
12月5日からの4連休最終日、12月8日はイタリアでは祝日で、この日からクリスマスの飾りつけをしてクリスマスシーズンに突入ということらしいですが、実は私の誕生日でもあるので、ちょっと外食してきました。

魚料理は海のほうに行かないとなかなかおいしい店がないらしいのですが、旦那が会社の同僚から教えてもらった比較的近くの意外なスポットにある魚介類レストランに行ってきました。

実は私の行きつけの美容院の前にある馬場の敷地内にあります。(ここにレストランがあるとは今まで全然気が付かなった。)

冷たい前菜
DSC05222.jpg

温かい前菜1
DSC05223.jpg

温かい前菜2
DSC05224.jpg

温かい前菜3
DSC05225.jpg

魚介類のタリアテッレ
DSC05227.jpg

ポテトと魚の、、名前わからない。(旦那が注文した)
DSC05226.jpg

イカとえびのフライ
DSC05246.jpg

レストランからは馬場が見えます。
DSC05228.jpg

テレビがなぜか4台。稼働してるのは一番右の一台のみ。
DSC05229.jpg

イタリア独特の狭くて暗いレストランは怖がる娘ですが、開放的なつくりの日本のように明るい感じの建物だったため平気でした。
DSC05236blog.jpg
髪の毛も伸びてきてボサボサなのでそろそろ一度揃えに行かないといけないな。

美味しかったけどおなかいっぱいで、夕食はパスしました。



スポンサーサイト
2015.11.24 01:15|
日本では3連休のこの週末イタリアに寒波が気て急に寒くなり、ようやく今年もこたつを出しました!別になくても命にかかわるわけじゃないけど、こたつが家にあるとやっぱりいいもんです。(お近くの方、こたつに入りに来てくださいね。)

さて、寒波が気て寒かったので土曜にはイタリアで二番目に大きいと聞いたことのある、チビタノヴァマルケの大型ショッピングセンター、Cuore Adriatico.に行ってきました。

家から高速使って30分ほどなのでそんなに遠くはないけど、普段は近場のスーパーやショッピングセンターで用が足せてしまうのでたま~にしか行きません。(半年に一度くらいかな。)そしたら、イタリアの他の地域にお住いのブロガーさんの記事ではときどき見かける、

寿司コーナー

ができていました。

売り場はこんな感じ。
12248182_10208529094653224_9022909184640022065_o.jpg

12303940_10208538842416912_4977991200270465165_o.jpg
(いかにも中国人が作ったとわかる)寿司一パック20ユーロ近く。このショッピングモールの上の階に中国人が経営する回転すしがあるので、多分そこで作ってるのだと思います。もちろん、こんな高い寿司は買いませんでした。他にも、餃子も売ってました。


他にも日本の会社と偽装してる中国産の寿司のり、森永の豆腐、海外在住日本人の間で有名な親方ラーメン。
12247728_10208538845696994_8156363616417561406_o.jpg
親方ラーメンの味はカレーと味噌味のみ。

日本酒やビールもあります。でも値段高い。
11257994_10208538844056953_3071525527734699035_o.jpg
アサヒビールは時々LIDLでアジアンフェアするときに買うけど確か一本79セントだったと思うんだけど、ここで買うと1ユーロ60セント以上だった気がする。

建物が大きくて疲れたので、休憩中に娘を撮って遊んでみました。
12240903_10208538836376761_1332554693708725164_o.jpg
自主的に顔隠してくれたので、今回ブログ用に使いました。プール行くので髪切っちゃったけど、早く伸びないかな~。




2015.09.30 21:51|
今年の夏にマルケ友達のT子さん達と広島平和祭りに参加した際に、T子さん行きつけのエルボステリアでゲットしたという

イタリア産の緑茶飴

を分けてもらいました。

大体海外で生産される日本関係の食べ物って胡散臭いものが多いのですが、この飴はイタリア産にしてはなかなかいけて美味しかったので、うちの近くのビオショップやエルボステリアを探していたのですが、見つからない。

先日T子さんから飴のメーカーを聞きつけて直接会社のHPを見たところ、オンラインショッピングがあるので早速購入してみました!

注文した翌日に商品が届きました。
DSC05135.jpg

私が注文したのは緑茶飴と生姜飴。左が緑茶で右が生姜
DSC05136.jpg
他にもシナモン飴や朝鮮人参の飴もありましたが今回購入しませんでした。

飴の包装紙。よーーく見てみると
DSC05139.jpg

リョクチャではなく リョチャ

ショウガではなく ヨウガ


突っ込みどころはありますが、お店の対応は(老舗店だからだと思うけど)非常に丁寧でした。

値段はそれぞれ250グラムで4.95ユーロと少し高めな印象。これに加えて送料5.9ユーロですが一度の注文が50ユーロを超えると配送料が無料になります。

会社のHPリンクはこちら

Pastiglie Leone

2015.03.09 04:42|
以前、ペルージャ在住のなおこさんが彼女のブログで紹介されていたサルナノの豪華ポルチーニスープがずっと気になっていた私。

リンク先のなおこさんのブログをご覧になって頂くとわかりますが、パンの容器に入ったポルチーニスープの紹介が詳しくされています。写真も数点あるのですが、なおこさんのご主人と思われる男性がスプーン片手にパンの容器のふたを開けてスープを見ている写真を見て私も旦那も食べてみたいとずっと思っていましたが、今日は女性の日という口実(?)で、前日に予約をして家族で食べに行ってきました!

サルナノはまだ雪が残ってて寒かったです。
DSC04912.jpg

雪だるまもありました。
DSC04913.jpg

レストランの入り口。
DSC04914.jpg
昼食は12時半開店ですが、開店と同時に予約客が続々と店内に入ってきました。予約なしで来店したお客さんは空き席がないということで、入店を断られていました。

レストランの中はこんな感じです。
DSC04895.jpg

旦那がどうしても前菜を注文したいというので注文しました。
DSC04896.jpg

ブルスケッタ
DSC04897.jpg

3種類のチーズ
DSC04901.jpg

なすの前菜。
DSC04898.jpg

お待ちかねのポルチーニスープ!!!
DSC04902facebook.jpg

蓋を開けるとスープがたっぷり!
DSC04904.jpg
少しピリ辛感があったので、娘には少しにしました。

写真では薄暗い感じでわかりませんが、赤色のきれいなパスタ。(ヴェルナッチャという赤ワインを混ぜて打ったパスタとのこと)
DSC04905.jpg
実はこれもなおこさんのブログを拝見して注文しようと心に決めていた一品です。

ドルチェも注文してみました。カカオ味のカステラ。
DSC04910.jpg
娘がほとんど食べてしまいました。

久しぶりの当たりレストランでした。家から近いし、また何かの機会に食べに来ようと思います!


La Clarisse
Via Mazzini, 240 – Sarnano (MC) 62028
Cell. 345.4959389










2015.02.15 22:49|
私は決して食の安全について神経質というわけではなかったのですが、旦那と知り合ってこちらで生活するようになってから、更に食の安全について最近色々な報道やネット情報があるので益々関心を持つようになりました。

食の安全を比較的気にしてるうちの旦那はかねてから以下のようなことを言っていました。例えば

マクドナルドは大嫌い。食べ物の中に何が入ってるのかどうかわからないから。
→これは有名、異物混入のニュースが後を絶たない。

電子レンジは便利だけど、放射能や食べ物の要素が変わる(?)から必要最小限にしたほうがいいとか。
リンク・電子レンジは体に有害

市販の卵(や肉)はなるべくやめて、(旦那の)実家で飼ってる鶏の卵や肉を食べたほうがいいとか。
→市販の卵は、鶏に頻繁に卵を産ませるため成長促進剤が入ってる。女の子は生理が早く来たり、男の子は第二次成長期が早く来たりの弊害があるとのこと。旦那の実家では豚肉や鶏肉も自前で一年に一度大型冷蔵庫で保存するのでうちは在庫が切れたときしかスーパーで買わない。卵もスーパーで買うのは一年に数回のみ。

野菜は夏の間は実家でとれた無農薬の野菜が食べ放題で、冬の間はこの辺で取れる冬野菜を(仕方なく)店で購入。また、イタリア料理に欠かせないトマトピューレも夏の間に手作り(無添加・無保存料)、そして秋にはオリーブオイルも自分たちで作るのでピューレとオリーブオイルはまたスーパーで買ったことがない。ついでに言うと、ワインも自家製♪

私が個人的に実践してるのは、

イタリアで市販のおやつは甘すぎる(砂糖どれだけ入れてる??)って感じなので、園に持たせるおやつはせめて手作りするようにしてる。作る時間のないときは果物を持たせる。

食の安全とはあまり関係ないけど、日本のおやつでこちらで作れるものはなるべく自分で作る。(アンパン、どら焼き、揚げ餅などなど)

元来横着な私なので日本に住んでいれば市販のもので間に合わせていると思いますが、こちらにいると何でもかんでも嫌でも自分で作るようになってしまいます。

うちは大体こんな感じで、自分でできる範囲で食の安全や健康に関しては気を付けていますが、最近FBで知り合った方(Aさんとしておきます)からこんな事を教わりました。

食べ物のこだわりの一つとしてベジタリアンという考え方は結構有名だと思うのですが、それに加えてベジタリアンよりさらに制限に多いビーガンという考え方がある。大雑把にいうと、ベジタリアンは卵や乳製品も食べるけど、ビーガンはそれすら食べないということらしいです。【ほかにも色々違いはあるけど私も詳しく勉強したわけではないので省略】

ビーガンなんて私は全く聞いたことのない言葉ですが、自転車競技をしてて栄養学に興味にある旦那はビーガンについて数年前に知って少し勉強したことがあるとのこと。こちらの書店ではビーガンに関する本も結構売っていますが、日本にもあるのかなあって感じです。(というか、ただ単に無知な私が知らなかっただけかも。)

Aさんはご自分で実践されたビーガンのレシピをFBに載せていて私も少し興味を持つようになりました。そんな中、マチェラータにビーガンレストランがあるのを旦那が発見し、試しに食べに行ってみることにしました。

レストランの内装
DSC04829.jpg
インテリアとして桜沢 如一日本語の本が置いてありました。料理を待つ間に読ませてもらいました。

私たちが食べに行った日は夜にバレンタイン・ビーガンディナーをするのでランチにはビーガンのセットメニューはなかったのっですが、ベジタリアンのセットメニューがあるというのでそれにしてきました。もちろん、単品でビーガンメニューはありました。

赤カブと自家製セイタンのカルパッチョ
DSC04822.jpg
セイタンはこちらの健康食品コーナーでよく見かけますが、日本語だそうです。日本では聞いたことありません。
一応ウィキ情報はこちら→グルテンミート

farro(小麦の一種)と豆のスープ
DSC04824.jpg
オリーブオイルの味が強かった。

野菜のカルボナーラ
DSC04825.jpg
オーガニックスパゲティを使用。人参とジャガイモが入ってる。

なすとフェンネルとスカモルツアチーズ
DSC04826.jpg

緑黄色野菜(とメニューにあった)のソテー
DSC04827.jpg

自家製カーニバルのお菓子(はちみつがけ)
DSC04828.jpg

肉や魚はなくてもとてもおなかがいっぱいになりました。
私は(今のところ)ベジタリアンでもビーガンでもありませんが、今後のおうちごはんの参考になりました。


Wild Food Ristorante Natura
Via Della Pace, 87, 62100 Macerata, Italy
+39 389 898 2524





05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
212位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。