--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.20 21:56|未分類
この記事に関して、前回から間が空いてしまいました。先週中ごろから実は娘の調子が悪く、鼻風邪=>嘔吐=>発熱と大変だったのです。幸いにも今日にはようやく落ち着いてくれて食欲も出てきて元気になりつつあります。

前回、ローマの日本大使館に連絡を入れたところ丁寧な対応だったという事を書きましたが、こちらから電話及びメール連絡をした翌日に在ローマイタリア大使館から日本の自宅に連絡を頂いたのですが、私がメールにコピペして送った在フィンランドイタリア大使館、在日本フィンランド大使館の対応は「よろしくない」対応という事で、私のイタリアへ向けての日本再出国に間に合うようにイタリア内務省とやり取りをして下さることになりました。

旦那には「日本大使館が誠意ある対応をしてくれたので、これで大丈夫。」と伝えていたのですが、どうやら旦那は独自に在イタリアフィンランド大使館としつこくやり取りを続けていたらしく、フィンランド側は最初は「他のところが言うように、手立てが無い。日本からイタリアに直接入るしかない。」と言っていたらしいのですが、だんだん折れてくれて(?)その職員が色々な調査等をして私がイタリアに再入国できるという根拠の法律を探し出し、更にそのことをフィンランドのパスポートコントロールに確認をしてくれたようで、以下のような回答が来ました。

4/14付、在ローマフィンランド大使館からの旦那への回答メール。
abbiamo avuto la conferma dalla frontiera finlandese che, sebbene il permesso di soggiorno di Sua moglie non si trovi nella lista Annex 22, lei può fare il transito in Finlandia, essendo coniuge di un cittadino UE.

でもこれだけでは心もとないので、フィンランドのパスポートコントロールに提示できるような英語で書かれた文書をお願いしたところ、このような回答メール。

4/16付 
Le allego qui un paio di righe dal directive Europeo sul movimento dei coniugi dei cittadini dell’UE nel territorio UE che spero possano aiutare Sua moglie in caso di ulteriori difficoltà. Le ricordo di tenere sempre a portata di mano un documento che attesti il matrimonio con Lei, ad es. certificato di martimonio.

Directive 2004/38/EC of the European Parliament and of The Council defines rights of citizens of the Union and their family members to move and reside freely within the territory of the Member States.

In Chapter II there is article 4 and article 5, which regulate about the right of exit and right of entry.

Chapter II, article 4:

" 1. Without prejudice to the provisions on travel documents applicable to national border controls,
all Union citizens with a valid identity card or passport and their family members who are not
nationals of a Member State and who hold a valid passport shall have the right to leave the territory
of a Member State to travel to another Member State."

Chapter II, article 5:

" 1. Without prejudice to the provisions on travel documents applicable to national border controls,
Member States shall grant Union citizens leave to enter their territory with a valid identity card or
passport and shall grant family members who are not nationals of a Member State leave to enter
their territory with a valid passport."


Auguro un buon rientro a Sua moglie e figlia.

*************************
青の部分をヘルシンキのパスポートコントロールの係員に見せれば分るはず。もちろん、このメールの差出人の名前、連絡先(フィンランド大使館)も下記部分に書いてあるので、ヘルシンキの係員はどの機関からのメールか分かるはず。そして、旦那はこの職員の言うとおり結婚証明書を日本の私宛に送付しました。結婚証明書の発行は無料でも、日本までの書留速達(?)代金は高くて非常に腹が立ちます。

そして、在イタリアフィンランド大使館からのメールとほぼ同時にイタリアの日本大使館より内務省との調査結果が届きました。ここにコピペは出来ませんが、内容は在イタリアフィンランド大使館のものと全く同じでした。

これでうまくフィンランド経由でイタリアに再入国できるかどうか分りませんが、これ以上は自分たちではどうにもならないので、無事に出発出来ることを祈るのみです。



スポンサーサイト
2014.04.14 21:53|未分類
うちの実家の近くには徒歩1分ほどのところにあるA保育園の他に、15分ほどで行けるB保育園があります。

いずれも園に通わない未就園児対象に色々なアクティビティをしていますが、A保育園では月二回の園庭開放をする程度。

しかし、B保育園では毎月2回未就園児対象に無料で子育て支援を行ってくれるので、日本滞在中にはできるだけこのB保育園の行事に参加することにしました。その子育て支援名、ズバリ、アンパンマンクラブ

4月12日が今年度のアンパンマンクラブだったのですが、

①最初は園の敷地入り口で警戒する娘を、園庭にあるアンパンマンの遊具が警戒を解き、

②園の建物の入り口で警戒する娘を、奥の方にあるアンパンマンの看板が警戒を解き、

③階段を上るのを警戒する娘を一段ごとに貼ってあるアンパンマンのシールが警戒を解き、

④アンパンマンクラブ会場のお遊技場に入るのを警戒する娘を、受付に貼ってあった大きなアンパンマンの看板が警戒を解き、、

といった感じで泣くことなく会場まで来れました~!

1時間半の間に、お歌あり、ダンスあり、おもちゃ遊びあり、絵本の読み聞かせ、工作ありと私も娘も大満足!こういうのって、イタリアには絶対ない!!!!!本当にすばらしい!!!!!そして、参加の子供たちが15人程度だったと思うのですが、アンパンマンクラブ担当の先生が配属されるらしく、その数6名!!先生方の注意がまんべんなく行きとどきます。

初回は出席カードを作るのがメイン(?)なので、娘と一緒に 私が作りました。
photo 002a
黄色い台紙を先生方が用意してくださって、あらかじめ先生方が準備してくれた丸型に切ったアンパンマンの顔を糊で貼りました。眉毛と目はペンで描きます。

開くとこんな感じ。上は出席シールを張ります。下には慎重と体重の計測結果を記入できます。
photo 003a

手形を押す事も出来ます。
photo 001a

来年の一時帰国には娘を日本の保育園か幼稚園に体験入園させたいと思ってるので、今回の滞在中でいくつかの園に聞いてみなければと思っています。次回参加の時にB保育園さんに聞いてみますが、いつも定員いっぱいの人気の園らしいので無理かもしれません。

受け入れてくれる園が見つかると良いな。









2014.04.13 20:51|日本
実は今回の日本滞在中にアンパンマンミュージアムまで行こうと思っていたのですが、色々調べてみたところ、うちからミュージアムまで電車乗り継ぎで往復で4時間以上かかるので、ちょっときついかなあと思って断念していたところ、市内の住宅展示場でアンパンマンショーがあると言うので行ってきました。

ショーが始まって、初めて生で見るアンパンマン達にビックリしていた娘。私にしがみついてたものの、私が「おうち帰る?」と言っても「もういい!(嫌だ!)」と言って結局最後までショーを見ていました。
photo 006a
ショーを見に来る常連さん(?)は、自分たちでレジャーマットや座布団を持ってきて敷いて見ていました。

ショーの後はアンパンマン、クリームパンダ、カレーパンマンたちとの握手会。
photo 010a

娘は怖がるかなーと思いながら並んで無理やり手を差し出せさせたところ、大よろこび!!!!!!
photo 011a

3人の人気者たちと握手が終わったところ、「もう一回!!!」としつこく粘る娘をうちの母が連れてもう一回列に並んで2度目の握手会。
photo 014a
2回目なのでクリームパンダちゃんとしっかり見つめ合う余裕が出来ました。

アンパンマンミュージアムまで行くのに遠い方は、最寄りの住宅展示場のショーで十分だと思います。家から車で20分、無料でアンパンマンショーを楽しめました!


2014.04.05 21:54|日本
4月に入ってから桜が満開ですが、4月3日市内の桜で有名な公園まで花見に行ってきました。

とにかく、公園中桜だらけでスゴかった。
photo 007a

平日の昼間ですが、花見客でいっぱい。
photo 022a


花より団子
という事で、娘は食べることに夢中です。

タイ焼きを食べる娘。
photo 021a

フライドポテトを食べる娘。
photo 026a

良い時期に日本に帰国できて良かったです。

2014.04.04 13:03|その他
前回からの続きです。(再度繰り返しますが、転記してある関係各機関からの回答はイタリア在住日本人の方のご参考、お役に立てたらという思いで、個人特定がされないように私なりに配慮してあります。)

私と旦那で思いつく限りの関係機関全てに連絡を取りましたが、いずれの機関も「関わり合いになりたくない。」という、無責任な姿勢がミエミエでした。私のことを「運が悪かった。」を一言で言われた方もいますが、でも、コレ、ほっておくとイタリア在住の既婚者の方全て(マチェラータのイミグレによると、既婚者のペルメッソはA4の紙状のため)が、新しい法律上はフィンランドどころか全てのシェンゲンの国での乗り継ぎ便では日本への一時帰国(及びイタリアへの再入国)が不可能という事になり、アリタリアを利用する以外はあり得ないという事になってしまいます。

そこで最終手段として、ローマの日本大使館に今回のいきさつ(搭乗前に事前のフィンランド大使館に問い合わせをした時~現在に至るまでの、全ての関係機関からの回答)を全てを連絡することにしました。

今回の問題はイタリアとフィンランド間の問題なので、「日本大使館に相談しても仕方が無いかな~。」と思っていたのですが、旦那に「たとえ、日本大使館の管轄外の出来事であっても、その国に住む日本人を助ける義務があるだろうし、仮に何もできないとしても彼らにとっても”こういう事が起きた”と知っておくことは大事だろう。」と強引に言われ、「御報告」といった形で相談の電話をしました。

そして、その対応は、在日本フィンランド大使館、在フィンランドイタリア大使館、在イタリアフィンランド大使館、在日本イタリア大使館とは大人と幼児といったレベルが違うほどの、素晴らしい大人の対応でした。

とりあえず4月から日本でもハーグ条約が発効されたので、日本大使館の助言でフィンランド大使館に何かダウンロードしてサインが必要な書類は無いか聞いたところ、(その際、ヘルシンキのパスポートコントロールで何かいちゃもんをつけられた際に、日本のフィンランド大使館からの回答として提示する可能性があるので、日本語英語併記での回答をお願いしたところ、このような回答。

お問い合わせの件ですが、この件に関しましては、日本が(遅まきながら)ハーグ条約のこの条項に関して批准、発効したということであり、
フィンランドは、今回の日本におけるハーグ条約発効については、なんら関係がありません。
既にフィンランドはこの条約について批准・発効しており、それに応じた対応をしています。

よって、今回のお問い合わせの件に関しましては、私どもから、なんら回答さし上げられることはございません。

また、フィンランドの国境警備(パスポートコントロールを管轄している機関)に対して、
いかなるケースにおいても、私どもからのコメントが有効になることはありません。
残念ながら英文による回答をさし上げる理由もないため、控えさせていただきます。


フィンランドの事に関しての相談をしたい場合は、まずは自国にあるフィンランド大使館に連絡を取って相談するのが普通ではないかと思います。そして、万が一その内容がその大使館の管轄外であったとしても、私みたいな一個人がいきなりフィンランドの国境警備と連絡を取り合うのもあり得ない話だと思います。その機関(大使館)のトップ(担当者)が、同国(フィンランド)の別の機関のトップ(担当者)とコンタクトを取ることは一切しないのでしょうか。横のつながりが一切見受けられません。というか、関わり合いになりたくないのでこのような対応になるのだと思います。(これに関しては、大阪のイタリア領事館と連絡を取った際も、フィンランド大使館と同じような対応をされました。)

そして、上記赤字部分

また、フィンランドの国境警備(パスポートコントロールを管轄している機関)に対して(以下省略)、


って、皆さんどう思われますか?こういった国を代表する機関で働いている人は、自分の発言に対して責任を持つのが普通ではないかと個人的には思います。



続きます。



2014.04.03 22:06|その他
前々回の記事→イタリア在住の方はフィンランド航空を利用してはいけません【拡散希望】に関して、イタリアに住んでる日本人の友人知人の皆様はもちろん、日本の友達にもご心配おかけしています。温かいコメント下さった皆様、本当にありがとうございます。

それでこの件に関する続きですが、関係各機関からの対応についてイタリア在住の日本人の方のお役に立てるように抜粋して載せておきます。日本に住んでる人には全然関係ない話なので、興味のある方だけ読んでください。

【日本の関係各機関からの回答】
在東京フィンランド大使館

「イタリアの滞在許可証に対し、フィンランドのパスポートコントロールで速やかに通過させてもらえるような書類を発行してもらう事は可能か」という、私の質問に対しての回答

フィンランド国以外の国が発行した「決定通知書」や「在留許可証申請中であることを証明する書類」を
フィンランドの国境警備(パスポートコントロールを実施する機関)は在留許可証に代わるものとして認めることができません。

たとえEU加盟国であっても国が違うとそれぞれのお国の事情までは把握できないのが実情です。
そのため、○○さんのようなご事情の場合は、直行便を利用して日本からイタリアへ直接入国していただく以外に方法がないと思われます。

残念ながら、私どもフィンランド大使館は、フィンランド外務省の出先機関であり、国境警備の出先機関ではないため、入出国手続きに関してなんら効力を発揮する書類を認めることもできない組織であるということをご理解いただければと思います。

また、同時に、在日イタリア大使館領事部に相談されることをお勧めします。


ってなわけで、大阪イタリア領事館に相談してみて、その回答

当館はイタリアに入国・滞在を希望する方たちに対してビザを発給する機関ですので、ご照会の件については直接ご案内を差し上げられる立場ではありません。

ですから、いただいたメールを拝読したうえでの私見を申し上げます。

フィンランド大使館からの回答を読むかぎり、重要な点は以下に引用する部分だと思われます。

『イタリアのパスポートで入出国される場合は、EU国民ですので、問題はありません。
ただ、この際は、お母様(○○様ご自身が日本国籍で、日本国のパスポートを使われるのであれば)との親子関係を証明する書類の提示が求められ
る可能性もあることを念頭においておいてください。
尚、パスポートコントロールでは、フィンランドの母語(フィンランド語または、スウェーデン語)以外の対応は、
英語のみです。書類等を整えられる際は、フィンランドの係官も理解することができる言語で準備なさってください。』

整理すると

お子様に関してはイタリアのパスポートで入国するので、問題なし。
お母様に関しては、日本のパスポートを使うので、『親子関係を証明する書類』の提示が求められる。書類は英語での対応。

ということですね。

つまり、フィンランド語訳またはスウェーデン語訳または英訳を添付した『戸籍謄本』を用意する必要があるということです。
日本国外務省のアポスティル証明を付け、訳文にはあらかじめフィンランド大使館の翻訳証明をつけれてもらえれば、なおよろしいかと存じます。

このような解決方法で十分かどうか、再度フィンランド大使館にご確認なさってはいかがでしょうか?


皆さん、この両機関の対応どう思いますか?????
特に大阪の領事館は問題をすり替えようとしています。


在フィンランドイタリア大使館に相談した事に対する回答(イタリア語)】

初回のメールに対する回答
gli Stati Schengen, Finlandia inclusa quindi, hanno deciso
che dal 19.1.2104 non sono più accetti permessi di soggiorno
cartacei italiani per entrare in Schengen.
Dovrà pertanto tornare in Italia con volo diretto, senza scali.
Non appena in Italia dovrete fare richiesta di un permesso di soggiorno
in formato "carta di credito". Questo formato dovrebbe sempre essere emesso
per soggiorni superiori ai tre mesi.
Cordiali saluti,

二回目のメールに対する回答
purtroppo non possiamo fare nulla. La nuova legge è entrata in vigore
il 19.1. Abbiamo provato a volte a intercedere ma senza risultato.
Il permesso di carta non consente più l'ingresso da fuori Schengen.
L'unica alternativa è un volo diretto. Provi a vedere come cambiare biglietto.
Sono spiacente ma non possiamo fare altro.
Cordiali saluti,


そして、在イタリアフィンランド大使館からの回答は未だにナシ。

・・・・・・・酷いものですよね。

そして、今朝旦那がマチェラータのイミグレオフィスで担当者(DIRETTORE?)と直接話したのですが、クレジットカード状のペルメッソは未婚の外国人(留学生)に対して発行、イタリア人と結婚した外国人に対してはA4の紙状のペルメッソを発行することになっているそうです。

そしてうちの旦那、何とTV局にもこの件をメールしたと言っていました。「番組で取り上げるかどうかは会議で決めるからちょっと待ってて下さい。」ってな返事を貰ったそうです。

という事で、まだまだ続きます。


2014.04.01 21:52|日本
日本に帰国して以来、融通の利かないフィンランドの機関やら、使えないイタリアの機関と連絡をしたり(←前回記事参照)、消費税値上げ前にイタリアに持ち帰る「日本の便利グッズ」を買ったりと忙しい日が続いていました。

そして、今日は消費税が上がった初日で特に買い物の予定もないし、良い天気だったので家から近くのところにある動植物総合公園に行ってきました。ちなみに入場料は大人600円ですが、あらかじめ前売り券を買っておくと480円で入れます。

昔は祖父母がこの動物園の近くに住んでいたので、私も子供のころに良く連れて行ってもらった懐かしい場所です。(と言っても、昔とだいぶ変わってしまいましたが。)

良い天気だったので小さな子供連れの家族がたくさんいました。(平日なので、ママさん+子供、もしくはじいじ、ばあば+子供といった組み合わせ)

去年も体験したふれあい動物園でうさぎをなでなで
photo 028zoo

ゾウの前では「おやまーー」
photo 034zoo

恐竜のオブジェを見て滑り台と勘違いした娘。
photo 052zoo

他にも、モノレールを自転車でこぐ遊具やら、ミニ電車、フラワーカップなど乗り物にも乗って楽しんだ娘。

お昼に動物園を出て、大好きなうどん屋さんでうどんを全て平らげご機嫌でした。

日本にいる間にもっと色々な事を体験できると良いね。


03 | 2014/04 | 05
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
327位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。