--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.13 05:41|
ここ数日急に暑くなりましたが相変わらず家の中は涼しくて快適です。太陽光で温かい温水も出放題ということで電気代も節約できるという、古くて小さい我が家の唯一の長所を実感できる季節になってきました。

さて、先日FBにちょろっとUPしましたが、日本にいる時に友人Sさんから強烈におすすめされたフィリップスのノンフライヤー。

最初は「ふーん」、って感じで聞いていたのですが、だんだん私もその気になり、「イタリアに戻った際には買うぞ!!!」と決意をしたほど。そして、さっそく近くの大型電気屋さんで探してみたのですが、店員さんに聞いても「全くのノンオイルのフライヤーはない。」と言ってティファールの180ユーロ程度のものを紹介されましたが、納得がいかない。

そこで、田舎在住者の救世主アマゾンイタリアで探してみたところ、日本で売ってる同じ品番のノンフライヤーがあったので購入しました。ティファールより安く、日本のアマゾンとほぼ同じ価格でした。(イーベイも見てみたけど少し高かった気がする。)

イタリアに住んでて旦那とはもちろんイタリア語で話すのですが、正直イタリア語なんて話すのも読むのも面倒な私。
あらかじめ日本のフィリップスのHPから取り扱い説明書をダウンロードしておいて予習しておいたため、届いてすぐに使いました。
nf.jpg
食材によって温度や時間の調整に慣れていく必要がありそうですが、ノンフライヤーの定番レシピのから揚げはおいしく仕上がりました。フライドポテトはいまいち。ノンフライヤーに任せている間にほかのことができるので助かっています。

そして、4月7日に日本から船便で送ったタイガーのホームベーカリーもほぼ2か月後の6月10日に無事届きました。運よく関税の支払いはありませんでした。
hb.jpg
早速食パンを焼いてみたところ、その「日本の焼きたて食パン」のおいしさは旦那の想像を超えていたようで「おいしい!」を連発。

食パンを焼いたからには、翌日温めるトースターが必要です。
うちの電子レンジのトースター機能の仕上がりがあまり好きではないので、ちょっとしたトースターを探していたのですが、イタリアのトースターってなんでこんなに大げさで値段が高いんだろう????ってことで買い控えていましたが、先日偶然通りかかったお店でKOOPERという聞いたこともないメーカーのトースターが18ユーロ程度で売っていたので即買いました。
tostiera.jpg
既に、パン屑が落ちていて見苦しい写真ですみません。

ちなみにお店には、KOOPER製のノンフライヤーも置いてありましたが、すでにフィリップスを購入した後。値段はフィリップスのほぼ半額。【←悔しい~】

と言っても、フィリップスだと2年保証だし、何よりもわからないことがあっても日本語で聞けるし、取り換え部品の対応も日本でできるので、それが安心材料になっています。

新しくやってきた調理家電で電気を使ってしまいますが、太陽光でしっかり節約できてるのでまあ良しとしましょう。



スポンサーサイト
2014.06.08 02:10|娘について
6月7日、娘は3歳になりました。

本当は今年は私は嫌だけど退屈な旦那の友達家族と、私がぜひ来ていただけたらと思っているこの辺に住む日本人の友人知人を呼んでレストランでもかりて立食式でやろうと思っていたのですが、なんせ娘が昼寝をしないし、朝もちゃんとした時間に起きるため、寝る時間が早まり、パーティを17時に開始などというイタリア時間ではとてもではないけど無理!ということで、例年通り身内だけでの誕生会になりました。(ちなみに15時開始。イタリアでは誰もこんな時間に来ないってさ。。。)

ドラえもんが好きな娘に注文したケーキなのですが。。。。
DSC04591a.jpg
なぜ、ドラえもんの頭周辺にホイップクリームで囲うのか理解できない。白髪のパンチパーマではないか!!

旦那の母と弟からは自転車をプレゼントしてもらいました。
DSC04595a.jpg
ほかにも二人からは夏服や、ペッパのパズルなどなど。

旦那からはペッパのスクーター
DSC04596a.jpg

ほかにも近くに住む親せきや、知人の方からたくさんのプレゼントを頂きました。

最後はシャボン玉遊びで締めくくりました。
DSC04606a.jpg
案の定、娘は17時には疲れてしまい家に入り込んでしまいました。

娘ちゃん、3歳の誕生日おめでとう!早く世間話ができるようになりたいです。

2014.06.01 23:20|日本
話はさかのぼりますが、3月に一時帰国したときは、ローマを午前中に出発の便だったのでローマに前泊することにしました。

値段も安く、駐車場もあるところがいいなあと適当に探して決めたのがこちらのホテル。

ARIS GARDEN HOTEL【4つ星】
アリスガーデンホテル

私たちがとまったときは一泊一部屋39ユーロ、バスタブ付です。

空港から比較的近いうえに値段も安く、バスタブもあるとのことでH○Sの格安イタリアツアーの最終宿泊ホテルとして使われているようで、日本人の宿泊客もいました。

朝食会場はツアー客と私たちのように個人宿泊客とは場所が分かれていました。コーヒー等の飲み物については私たちはウェイターが注文を聞いたうえで、奥の厨房で入れて持ってきてくれますが、ツアー客は自動販売機での提供。

自販機のチープなコーヒーの味がいいなあと思いつつ、ツアー客のほうにコーヒーカップをもってアメリカンコーヒーを取りに行こうとしたところ、ウェイターが

「あっち(ツアー客用)のコーヒーは不味いから、おいしいコーヒーをいくらでも持ってきてあげるよ。」


と大変ご親切に静止されました。(私が主張すれば、特に問題なくあちらの不味いコーヒーを飲めたと思います。)

シェンゲン国で紙のペルメッソが使えない以上、ルフトハンザもどういう扱いをされるか今のところ分かりません。

ルフトハンザの対応がわからないため今後はボローニャから発着できない可能性もあり、すべての航空会社が就航するローマ発着便しか選択肢がないかもしれないので、今回のホテルを記録に残しておくことにしました。



05 | 2014/06 | 07
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
212位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。