--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.30 19:46|日常
先週の話になりますが、旦那実家が泥棒被害にあいました。

盗まれたのは農作業用のおんぼろ車一台。陸の孤島なので油断して車に鍵をつけたまま庭に置いていたら持っていかれたらしいです。

気づいたきっかけは、朝、旦那母が庭に出てみると、普段はキチンと車のカギをかける慎重な旦那弟の車のドアが開きっぱなしになっていたので不振に思い、旦那弟に聞いてみたところ「ドアなんて開けっ放しになんかしない!」とのことで、農作業用車がなくなっていたことに気付いたらしいです。(この日はたまたま旦那弟は車のドアに鍵をかけるのを忘れたらしい。)

他にも車はあるのに、なんでまたあんな価値のないおんぼろ車一体どうするんだろう??と不思議に思っていて数日後真相が分かりました。

犯人はおんぼろ農作業車と近所のトラクターを盗んだ後、私も行きつけの少し離れた街のスーパーに行き、スーパーの窓ガラスを壊し、中に侵入。金庫を壊し中の現金を奪って逃げたそうです。昨日スーパーに行ってみたらまだ窓ガラスが壊れたままでシートがかぶせてありました。

そして、盗まれた車はここから高速道路で2時間ほど南の街で発見されたと警察から連絡があり、所有者である旦那実家は仕方なく引き取りに行きました。(粗大ごみと同じ扱いなので所有者は引き取って処分しなければならない。)

そして、戻ってきた車にはなんと!犯人のものと思われる洋服が残ったまま!!

イタリアの警察って、遺留品をを引き取って犯人探しに役立てるとかそういう事しないんだ!とびっくり驚きです。

遺留品残す犯人も馬鹿だけど、犯人を捜そうともしないカラビニエーリも馬鹿。イタリアって捕まえられる方も捕まる方もレベル低!!

ちなみに、農作業用のぼろ車はもちろん処分。新しい車が必要なのですが、たまたま盗難数日前に旦那弟が新車を買ってて今乗ってる車が不要になるのでそれを使うそうです。当然旦那親は旦那弟に買い取り金を少しは渡すだろうけど、旦那弟は新車を親のヘルプでゲットできるという結果に。(なんか今回の盗難事件は旦那弟にとって都合よくうまく出来すぎてる気がするのは私だけ??)





スポンサーサイト
09 | 2015/10 | 11
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
310位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。