--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.12.29 04:23|イタリアの街
25日は基本的にどの店も休みなので、以前日本の舞台をやった友人に教えてもらった変わり種プレゼーペを見に行ってきました。

入り口には平和のクリスマスツリー
DSC05343blog_20151228061512f25.jpg
アイデア賞ものです。

上のほうにはちゃんと日本語もありました。
DSC05344blog_20151228061516331.jpg

入場料を払って町全体の建物内に展示してあるプレゼーペを見ます。
DSC05358blog.jpg
スピーカーから大音量のクリスマスソングが流れてたので、知ってるのは一緒になって歌ってました。(大音量なので歌っててもばれない。カラオケ気分で気分がヨロシ。)

実は娘はプレゼーペ見るの好きなのです。
DSC05366blog.jpg

あちこちで旦那が奴隷状態になってサポート。
DSC05360blog.jpg

くじ引きコーナーもありました。
DSC05361blog.jpg
娘にひかせたけど、あまりいいものは当たらなかった。まあ、こんなところで娘の運を使ってほしくないのでいいけど。

個人的にまとまってて芸術的だと思ったプレゼーペ
DSC05373blog.jpg

金魚やさんが作った金魚鉢のプレゼーペ。娘はこれが気に入った!
DSC05369blog.jpg

貝のプレゼーぺ
DSC05371blog.jpg

パスタのプレゼーペ
DSC05372blog_20151228062752915.jpg

ケーキのプレゼーペ
DSC05370blog.jpg

ギターのプレゼーペ
DSC05374blog_2015122806275227c.jpg

昔見たアニメ、フローネを連想しました。
DSC05376blog.jpg

流木を使ったプレゼーペ。
DSC05375blog_20151228062756759.jpg

最後にプレゼーペではないけど、建物の入り口にあったクリスマスツリーのイラストがウン○のようでちょっとツボにはまった。
DSC05367blog.jpg
こんな下品なオチですみません。




スポンサーサイト
2015.12.28 06:11|娘について
休暇に入ってすぐに娘&私が風邪を引いたため、ブログのアップが遅れております。

さて、24日から娘はクリスマス休暇ですが、23日午前中に歯医者の予約があったため、22日で終了です。

イタリアにしては珍しくすぐに公立病院の歯医者さんの予約が取れたのでそちらに行ってきました。最近知ったのですが、6歳まで(もしくは65歳以上)なら一年間に約3500ユーロ以内の医療費なら保険の範囲内で無料だそうです。当然、プライベートの歯医者は有料で高いです。

歯が欠けていたので虫歯かと思って心配したのですが、ただ単に歯が欠けただけなので欠けた部分に気を付けて歯磨きするように言われました。娘は歯磨きが大好きなのに、虫歯なんておかしいと思ったよ。びっくりしたのが、歯科医の発言。

「一日に一回、最低でも二日に一回は歯磨きをして下さい。」

これって、少なすぎる!!甘いものばかりのイタリアでこんなに歯磨きの指導回数少ないとすぐに虫歯になりそうだと思いました。

*************************************

事前に幼稚園に一日早く休暇に入ると伝えておいたので、クリスマスプレゼントを持たせてくれました。
DSC05312blog.jpg
中央に娘の顔写真が入ったファルファッレという、蝶の形のパスタで作ったクリスマスリース。

クリスマスイブは、例によって寿司とエビフライ等を作りました。娘はエビフライが大好きで7つも食べました。
寿司に関しては、作ってる最中に

「カニカマ食べる。」「卵焼き食べる。」「きゅうり食べる。」

と、つまみ食いしまくってたので結局夜には寿司食べませんでした(怒)

私が準備で忙しかったので、事前にイケアで買っておいたハウス型のクッキーを旦那に組み立てさせました。雑!!
DSC05319blog.jpg
ジンジャークッキーで美味しかったです。

クリスマスの前に撮った写真ですが、最近娘は久しぶりに会う人から「顔丸くなったね。」と言われます。
DSC05275blog.jpg
食い意地が張ってるから、私みたいにデブにならないといいんだけど。。(体型はスリムな旦那に似てほしい。)

2015.12.22 06:35|娘について
12月24日~1月6日まで、幼稚園もプールもクリスマス休暇のためお休みです。

今日のスイミングはクリスマス前最後のレッスンということで特別バージョンでした。

普段は子供用中プールを二つのクラスに分けてそれぞれ先生一人づつでやってるけど、今日は一つ上のクラスと合同で、先生も倍以上に動員して遊びながらのレッスンでした。
DSC05306blog.jpg

先生たちはみんなサンタ帽やトナカイ帽かぶっています。
DSC05302blog.jpg
娘、早くプールに入りたくて仕方がなさそうな感じ。

事前にプールに通う子供たちに書かせたクリスマスのイラストも掲示してありました。
DSC05304blog.jpg

最後は、そりに乗ったサンタさんと一人ひとり写真撮影のサービスがあったんだけど、娘はサンタクロースが怖くて先生に抱っこされて結局撮れませんでした。ちゃんと写真業者が来て写真撮ってたのには驚いたけど!
DSC05311blog.jpg
サンタさんは子供たちにそれぞれ袋入りのお菓子をプレゼントしてました。


**********************************

この日はフランチェスコ君のお母さんが挨拶してきてくれました。(先日のおばちゃんコーラスコンサートで偶然演奏を聴いてくれたため、その感想を言いに来てくれた。)

このフランチェスコ君、実は私の6歳年下の従兄の幼少期にそっくりで、最初見たときはびっくりしました。

私の従兄は別に彫が深くもないしハンサムでも何でもないのですが、妙に愛嬌があって憎めない顔をしています。(目を細めた柴犬のような顔。)

子供の頃は会うたびに「とのーー!!とのーーー!!」(←「このーー!このーー!」って言いたいんだけど舌が回らないのでこうなる。)私に向ってケリを入れる真似をしてくるので面白おかしくて仕方がなかった。従兄が高校生で図体がでかくなっても相変わらず憎めない顔してるので妹と一緒に「可愛い~!!」って言ってたものです。そして今は二人の子持ちのおっさんだけど、やっぱりかわいいです。

フランチェスコ君、私の従兄に似てるだけならともかく、以前スイミングが終わって待合室でたまたま居合わせた私と喋ってて、ほかの男の子たちが悪ふざけをし始めて大騒ぎしたときに

「(悪ふざけを)やめろ!!!!」

って、5歳なのに一人で複数相手に立ち向かって注意してるところを見て

「なんて頼もしい子だ!!」

と、それ以来すっかり私の密かなお気に入りです。

フランチェスコ君のお母さんは、イタリア人にあるまじく無駄話はしなくて質素で真面目~な人で待合室でもすぐにいなくなってしまいます。(多分買い物してるんだと思う。)

いつか機会を見て私の従兄の話ができたらいいなあと思っています。
2015.12.21 06:59|イタリアの街
8月にリミニにあるイタリアミニチュアパークに行ってきた際に帰りがけにチケットに顔写真登録をしてきたため、来年の1月6日までならいつでも無料で再入場できるというので、有効期限が来る前の先週の土曜日(19日)に行ってきました。

日本人の感覚からしてみて信じられないのが冬の間は基本土日のみ営業で、乗り物コーナーやレストランはお休み。その代り夏の間は駐車場も有料だったのが冬の間は無料、私たち以外には車が5台ほどしか止まっていませんでした。
寂しい。。

まあ、ポジティブに考えれば閑散としてたおかげでミニチュア写真を撮るときも周りの人を気にせずに撮れました。

トレヴィの泉
DSC05282blog.jpg

コロッセオ
DSC05283blog.jpg

バチカン
DSC05284blog.jpg

スペイン広場
DSC05281blog.jpg

イタリア以外のヨーロッパの国の観光名所もちょこっとだけありました。

エッフェル塔
DSC05289blog.jpg
大昔にフランス人の友人に案内されて行って以来行ってない。

青池保子の「エロイカより愛をこめて」に出てくる名所のミニチュアもたくさんあって、私にとっては違う意味でちょっと面白かった。漫画に興味のない人にとっては???だと思うけど。

ボンのベートーベンハウス
DSC05288blog.jpg

ウィーンのシュトラウス像
DSC05286blog.jpg
ここは留学中に一度実際に行ったことがある。こんなにしょぼくなくてもっと豪華な感じだったような気がする。

コペンハーゲンの人魚姫の像
DSC05291blog.jpg

スペインのアルカサル(これはエロイカより愛をこめてじゃなくて、アルカサルという作品)
DSC05290blog.jpg

乗り物コーナーは休みなので、早めに退散して帰りに少しサンマリノにも寄りました。
サンマリノは観光地なのでお店がたくさんあってミニチュアパークと全然違って活気があり、買い物に来る大量のロシア人でにぎわっていました。娘はミニチュアパークよりもサンマリノのほうが気に入った様子でした。

サンタのオブジェ
DSC05292blog.jpg
すみません。。。これ以外にサンマリノの写真ありません。。。(もう、疲れてたので。)

1回分のチケットで二回入場して元も取れたので、しっかり見学できたので、当分ミニチュアパークに行くことはないと思います。サンマリノも昔何回か来たことあるのでしばらくはもういいかなって感じです。

2015.12.18 19:27|音楽
実は娘がこちらの幼稚園で年中になったのを機にサンセベリーノのおばちゃんコーラスに復帰していたのですが、昨日は教会でのクリスマスコンサートがありました。

木曜日なので娘のプールがあり、旦那と一緒に娘のプールに付き添った後、旦那と娘は帰宅、私はその足で会場に向かいました。

コンサートはミサが終わった直後の18時半なのでゲネプロをすることもなくそのままいきなり歌いだすという、ちょっと綱渡り的な段取りでしたが何とか無事に終わりました。(ソロパートも任されてたのですがそんなに緊張しませんでした。)

ミサとコンサートには偶然にもスイミングで娘と同じ時間帯でクラスの違う5歳の男の子、フランチェスコ君(←私のお気に入り!ブログで書こうと思ってるんだけど機会がないのでそのうち。)も御両親と一緒に来ていました。

コンサートが終わった後は、大学の校舎でビュッフェの用意がありました!!
DSC05279.jpg
旦那と娘には夕食を用意して、私はビュッフェで色々食べてきました。たまにはいいよね!

今年のサンセベリーノのクリスマスイルミネーションはちょっと変わっててキレイと聞いていたので、帰りがけに写真を撮りました。
DSC05280blog.jpg

ちなみに、昼間はこんな感じでたくさんのクリスマスツリーがあります。(先日娘と一緒にサンセベリーノに散歩に来た時に撮った。)
DSC05267blog.jpg
オーナメントはあらかじめ、「ご家庭に眠ってるオーナメントがあれば寄付してください」って呼びかけの下に提供されたものです。

「交通費」として学長さんからギャラも頂いてしまったし、ビュッフェも食べられたし、フランチェスコ君&ご両親にも演奏を聞いてもらえたし、とても充実した日でした!

2015.12.15 19:37|日本
先週の土曜日マチェラータでレゴの展示会があったのでちょっと見てきました。2016年春に名古屋にレゴランドができるので、そういうイメージを勝手に持っていったのですが、狭い会場でこの辺のレゴマニアさんが作る作品の展示会とレゴブロックの即売会でした。

レゴで作ったプレゼーペ
DSC05247.jpg

世界の観光名所
DSC05250.jpg

同日の夜、旦那と私の共通の友人(イタリア人女性)が参加するという日本に関する舞台に招待されてたのでちょっと行ってきました。うちから車で30分ほどの街の劇場で9時半開演(と言っても、遅れるのは当然なので結局10時開演)娘は旦那母と一緒にお留守番です。ちなみに、舞台名は

JAPANESE COLORS

天井には有名な音楽家の肖像画描かれてます。
DSC05251.jpg

和太鼓と琴の演奏もあるので、舞台中央には琴を置いて日本らしさを演出。
DSC05252.jpg

二部構成で一部が演劇、二部が和太鼓

ストーリーはざっというと、天照大神と死神が兄弟で、世界各地にみられる日本の文化(?)についてディスカッションするという無茶苦茶な話。(ちなみに、友人は天照大神役でした。)

左に天照と死神、侍と忍者が戦ってるのを傍観。
DSC05255.jpg

死神が「1940年代にフランスで日本の文化が普及したって噂に聞いたぞ!」ってことでその時代のフランスにタイムトリップ。
DSC05257.jpg
普及した文化とは「柔術」

カッチーニのアベマリアの歌に合わせて日本っぽい舞を踊る女性。
DSC05259.jpg

最後は和太鼓。これだけの太鼓を日本から運んできてるというのが凄い。というか、この辺に和太鼓愛好会があるなんて知りませんでした。
DSC05265.jpg

和太鼓の後は演劇メンバーも一緒にカーテンコール。
DSC05263.jpg
天照の友人、黄色い着物着てます・・・・・・・・・・・・・。

もう、日本文化が無茶苦茶な舞台なので、私が「ありえん!」を連発、最後に旦那に感想を聞いたら

「・・・・・・・・・・・照明がカラフルだった。」


の一言。

私があれこれ言うので感想を言うに言えない状態になったと思われます。


2015.12.09 19:36|
12月5日からの4連休最終日、12月8日はイタリアでは祝日で、この日からクリスマスの飾りつけをしてクリスマスシーズンに突入ということらしいですが、実は私の誕生日でもあるので、ちょっと外食してきました。

魚料理は海のほうに行かないとなかなかおいしい店がないらしいのですが、旦那が会社の同僚から教えてもらった比較的近くの意外なスポットにある魚介類レストランに行ってきました。

実は私の行きつけの美容院の前にある馬場の敷地内にあります。(ここにレストランがあるとは今まで全然気が付かなった。)

冷たい前菜
DSC05222.jpg

温かい前菜1
DSC05223.jpg

温かい前菜2
DSC05224.jpg

温かい前菜3
DSC05225.jpg

魚介類のタリアテッレ
DSC05227.jpg

ポテトと魚の、、名前わからない。(旦那が注文した)
DSC05226.jpg

イカとえびのフライ
DSC05246.jpg

レストランからは馬場が見えます。
DSC05228.jpg

テレビがなぜか4台。稼働してるのは一番右の一台のみ。
DSC05229.jpg

イタリア独特の狭くて暗いレストランは怖がる娘ですが、開放的なつくりの日本のように明るい感じの建物だったため平気でした。
DSC05236blog.jpg
髪の毛も伸びてきてボサボサなのでそろそろ一度揃えに行かないといけないな。

美味しかったけどおなかいっぱいで、夕食はパスしました。



2015.12.06 19:32|イタリアあれこれ
イタリアは12月8日が祝日なので5日(土曜日)、6日(日曜日)、7日(月曜日)、8日(祝日)と、ついでに7日(月曜日)も休みにして旦那も娘も4連休です。

連休初日の昨日、市の広場でクリスマスツリーの点灯式があると幼稚園からお知らせが来たので行ってきました。16時半開始ですが、イタリアには珍しくそんなに遅れることなく開始。

まずはサンタが到着。(この時点でバックにあるツリーはまだ点灯してない。)白い衣装を着た子供たちは、カテキズモ(小学校の授業のない時にやってる教会学校)に通う子供たち。
DSC05216.jpg
ど田舎なこの街でもさすがにトナカイはいないので、トナカイ帽子をかぶったおっちゃんたち4人が全速力で走ってそりを引いてきました。

まずは、ツリーに点灯。
DSC05217.jpg

そのすぐ後に、周囲のライトも点灯。
DSC05218.jpg

娘は普段から人混みが怖いのと(・・・と言っても、日本ではそんなに症状はひどくない。ディズニーランドはもちろん全然平気。日本人はいいけど、イタリア人の集団が怖いのか?)とひげを生やしたサンタクロースが怖いので旦那に抱っこされて顔を上げることもなくそのまま家に帰りました。

招待状にはヌテッラのお菓子サービス!!!と書いてあって、実際ヌテッラを塗ったパンが用意してありました。もちろん、私たちはすぐに帰ったのでサービス提供前に帰宅。

でも、日ごろから思ってるんだけど、このヌテッラってそんなに強調して書くほど皆がありがたがるような代物か?と不思議で仕方がない。単なるチョコレートクリームですよ。




2015.12.05 19:24|娘について
9月から3カ月のコースで始めたスイミングですが、とりあえず娘は好きそうなので12月からも新たに3カ月継続させることにしました。

と言っても、今までのように週二回(火曜日と金曜日)ではなく、冬の寒い間は月一回の日曜日の午前中のクラスに変えてくださいと希望をだしていて、スイミング側も日曜日の午前中の枠を一つ確保しておいてくれていたようです。

そして、更新の手続きと支払いは旦那に任せたのですが、これが間違いのもとでした。

色々受付と話してる間に気が変わったらしく、「やっぱり週二回のままにしてほしい。」と言い出したものの、通っていた火曜日と金曜日のクラスはすでに新規の生徒さんを入れてしまって満席状態。

でも、月曜日と木曜日のクラスなら空いてるということで、そこに申し込みをしてきたらしいのです。

9月から3か月の期間は11月30日(月曜日)までということで、娘の最終レッスンは11月27日(金曜日)。支払いは1レッスン×日数なので当然行く分しか払っていません。


12月1日(火曜日)からのコースだと初回レッスンは12月3日(木曜日)ということで、受付へもそのように払ってきたらしいのですが、旦那が

「これだと、1レッスン抜けてしまう(12月の初回の週は1レッスンのみになってしまう。)」

と言う。

「曜日の関係でしょうがないでしょう。」

と言って、3日に連れて行く気でいたら、旦那は11月30日(月曜日)の朝にプールの受付に

「今週は週一回になってしまう。」

と言ったらしく、私はプール側から曜日の関係で仕方ないと言われて帰ってくると思いきや、先方も

「そうだなあ、だったら11月30日(月曜日)来てもいいよ。」

という回答。

なんかおかしいと思いませんか??!
当然11月30日の分は払っていません。(私もちゃんと自分で計算した)

そして、新しい曜日なので先生もクラスの子も違うのですが、同じ初心者クラスでも曜日と先生によってこんなにレベルが違うのかと思うほど、みんな泳げます。(浮き輪のようなものを使って各自で数メートル泳いでいる。)娘は当然そんなレベルじゃありません。だからとってもハードで娘も(今までと違って)必死な様子。

この先生はスパルタなんだと思って、先日2回目のレッスンには旦那も一緒に来させたところ、とんでもないことが判明。

なんと、娘は今までのレベルより上のクラスに(間違えて)入れられていました!!


おかしいと思ったよ。別のところにある小さなプールでは娘くらいの子たちばかりが水遊びみたいなことしてるので、初心者コースが二つに分かれてたと思ってた。

旦那が先生と話したところ、先生は

「この子は活発な子だからついて来れると思うからこのままでも大丈夫。もちろん、あっちの小さなプールの初心者に戻っても全然構わない。」

と言ったらしく、娘も泣くことなく普通にやってるのでこのまま一つレベルの上の子たちと一緒にすることになりました。

たまたま、このクラスは人数が少ないので先生も余裕があるし、ほかの子が自分で泳げてしまうのでその間娘はマンツーマンレッスンを受けれるような形になるのでちょうどよかったのかもしれません。

足のつかないプールで自分より大きな子たちと一緒に泳ぐ娘。
DSC05211blog.jpg
しれっとした顔してます。水なんて全然怖くない。









11 | 2015/12 | 01
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
327位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。