--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.27 18:50|イタリアあれこれ
3連休が終わり昨日から娘は幼稚園に復帰しましたが、登園拒否が凄くてちょっと憂鬱です。泣きわめくわけではありませんが、教室の入り口に来ると私にしがみついて離れないというか、そんな感じです。

日本の友人の娘のKちゃんも4月から登園拒否が凄いらしいけど、Kちゃんは「クラスが変わった。」ってはっきりした理由があるんだけど、娘の場合は理由が分からないので困ったものです。仕方がないので、終日(15時半)ではなく給食後の13時半に引き取りに行っています。

さて、23日~25日の3連休中の24日(日)は旦那の従妹の娘ちゃんの洗礼式でした。

この日は寒かったため、咳がまだ抜けきってない私と娘は教会の洗礼式はパス。そして、13時以降に始まる親族そろっての昼食会には参加しました。

従妹ちゃんの旦那がシェフなのでいい情報が入ってくるせいか知らないけど、レストランも開放的で広々としていた上に、ウェイターたちの回転が良くてあまり不愉快な思いをせずに済みました。(狭くて、ウェイターたちがなかなか来ないとイライラする。)

まあ、一通りご飯を食べた後はケーキと一緒に色々なバージョンでこうやって写真を撮るわけですよ。(これが長い。)
blog_201604271833246c3.jpg
全てのお客さんと写真を撮り終えないことにはケーキを食べることはできません。

そして、現金(結構な大金)とちょっとしたプレゼントを渡します。なんというか、日本でいうお年玉のやりっこみたいなものかな。お互いの負担になるのでこういうのやめればいいのにって思うけど、田舎だからなかなか昔からの風習ってのをやめられないんだよね。この辺の人たちって暇だからこういう事しか楽しみないっていうか、そんな感じ。

以前ブログのどこかで書いたけど、トリノの友人の娘ちゃんの洗礼式なんて、教会終わったあと保育園(幼稚園を)を借り切ってソフトドリンクや手作りのキッシュやピザなどの軽食でカジュアルで気楽でした。もちろん、先方もお金かけてないので現金ではなく、心ばかりのプレゼントを持参って感じで、個人的にはこちらのほうが好きです。

レストランに入る前に抵抗する娘。日本人(のおじさんとか)は一般的に自分たちが小さい子供たちに怖がられるのを知ってるため見てみぬふりをしますが、こちらのおじさんたちは「ちゃおーーーー!!」とわっと来るため、娘はそれを警戒して怖がっているようです。
DSC05536blog.jpg
愛想よくてフレンドリーなのもいいけど、もうちょっと己を分かれ!小さい子は時間がかかるんだよ!って言いたいです。by子持ちの母




スポンサーサイト
2016.04.23 06:02|娘について
4月10日頃から咳に悩まされていた私と娘ですが、とうとう咳がひどくなり娘は14日から幼稚園をずっとお休みしていました。

13日(水)に小児科医に連れて行ったときは痰を溶かす錠剤処方されたものの、効果はなく1週間後の20日(水)再度診察に連れて行ったときには抗生物質のシロップを処方されました。

自宅療養と薬が効いたのか、娘の咳もだいぶ落ち着いたので来週火曜日から幼稚園に復帰できそうです。(25日(月)は建国記念日のため祝日)

ちなみに私も重い腰を上げて20日に主治医に行き強力な抗生物質を処方してもらったところ、結構効果がある感じでだいぶ咳が楽になってきました。この咳ですが、実は実家の母と妹も同じようなたちの悪い咳に悩まされているらしいので日本から持ち帰ったものかな~って思ったりします。

娘は幼稚園は休んでいたものの、医者から特に止められなかったのでスイミングと読み聞かせには連れて行っていました。さすがに体調不良絶頂期の週は水疱瘡の分の振替レッスンはキャンセルしましたが、プールが大好きなので大喜びで通っています。

ほぼ2カ月くらいほかの子に比べてプールを休んでいて遅れをとった娘ですが、25メートルの競技用プールで背泳ぎで普通に泳ぎ始めました(驚)。

もちろん、競技用プールを使うクラスの中では一番小さい子たちのクラスなので一番端っこですが、背泳ぎ状態で手で水をかいて数メートル泳ぎ、疲れたと思ったらさっと向きを変えて(顔上向き→顔下向き)プールの端につかまって一休みし、すぐさまプール中央に向かってプールの中央で向きを変えて(顔下向き→顔上向き)に向きを変えて再び背泳ぎで泳ぎだします。

足がつかないプールなのに怖がらずに喜んで泳いでるのには本当に感心します。

読み聞かせは本屋さんの子供用絵本コーナーでやるのですが、連れて行った当初は場になじめず逃亡しようとしたり私に抱き着いてきたりしましたが、日本帰国後は気分も変わって落ち着いたのか、本屋内を探検して遊んだり、オーナーのおじさんとも怖がらずに接するようになってきました。イタリア語絵本の理解力はほとんどと言っていいほどわかってないと思いますが、まずは楽しんで行くのが目的なのでこれからも続けて行こうと思います。

実は娘よりも私のほうが読み聞かせに喜んでいっているのですが、その理由が読み聞かせをするのがフランチェスコ君のお母さんで、またこれが運のいいことに「出来た」イタリア人だからなのです。

娘に役立ちそうな教育情報や幅広い知識や情報をたくさん知ってて、何より視野が広い人なのでその辺のママさんたちと全然違って日本人と話すような意識の高さで会話ができるのも私の息抜きになっています。

だって、彼女はイタリア人なのに

「イタリア人って馬鹿。」とか、「日本とイタリア人は民度が違う。(もちろん、イタリア人のほうが民度が低いという意味で)」(←元市原都知事が中国人の事を民度が低いと言って騒ぎになった。私は「よく言った!」と感心したけど。)

ってな感じで、冷静な目で自分たちの事を見ています。

プールで会うと話が弾んですぐに娘たちのプールの待ち時間が過ぎてしまうような、そんな人です。

2月に撮った写真だけど、読み聞かせコーナーで。
読み聞かせ

関係ないけど、日本の空港に着陸する直前に飛行機の窓から見えた景色。
飛行機から見たアサヒ
写真下手な私にしてはいい感じに撮れたので載せておこう。








2016.04.11 21:35|日常
イタリアに戻り10日ほど過ぎましたが、色々と雑用に追われる日々を過ごしています。

娘は通っていたスイミングに大喜びで♪復帰しました。(どれだけプールが好きなんだ!って感心します。そんな私はカナヅチ。。。)

ちなみに、幼稚園は日本にいるときから嫌がるようになり、毎朝ちょっと苦戦しています。

スイミングは月曜日と木曜日の週二回のコースですが、一時帰国前に水疱瘡を患った際にレッスンを4回欠席し、その分の振り替えを毎週土曜日の同時間帯にしてもらう事になりました。だから今月いっぱいは週三回スイミングです。

そして17日(日)午前中に旦那の自転車競技会があるため、土日の午前中はトレーニングのため不在。(ちなみに私も同日の午後にコーラス参加で老人ホームに行くことになっています。)

そんな用事の他に、私が日本にいる間に大量発生したこれ↓が私の頭を悩ます原因になっています。

大量の木の枝!
maki 2

私が日本にいる間に、旦那実家の敷地内にある巨大な木の枝を数本業者に来てもらって切り倒したとの事で、道路わきがとんでもないことになっています。

黒線で囲んだ部分、全部木の枝!
maki3.jpg

マキ

これを全部、太い枝に関しては適当な大きさにチェーンソーで切り、細い枝に関しては束ねて暖炉の薪として使うようにしなきゃいけないとの事!道を通りかかる人から何人か

「売ってくれ。」

と頼まれたらしいのですが、旦那曰く

「細い枝はすぐ使い切るし、太い枝(薪)は80年以上は持つから売らなくてもいい。」

という。私からしてみたら、数年使う分だけ残しておいて後の分は売って現金に換えればいいのにと思う。というのも、暖房は暖炉だけではなく、うちの場合石油ストーブも使うので、灯油を買うお金になるじゃないって思うんだけどメンタリティが違うんだよね。後、保管場所はどうする???

この大量の木を何とかしない事には次の行動が出来ないので、私も気が向いた時にちょこちょこ細い枝を束ねる手伝いをしています。(旦那はチェーンソー)

****************************************************
あと、4年前に私が日本にいるときに旦那が勝手に作った勘違い五右衛門風呂覚えてる方いらっしゃるでしょうか。→想定外のリフォーム

1000ユーロもかけて改装した庭の物置に作った風呂ですが、当然使う人がいないのでそのまま放置。これじゃ、バスタブがもったいないということで、庭の別の場所移動させてこんなものを作ってました。

バスタブの中には金魚が。。。
12963441_10209657418980627_8104586526919607955_n.jpg
黒で囲んだ鹿威しのようなところから水が出てきます。(蛇口はありません。)

蛇口の代わりに赤で囲んだ黒パネルに太陽光が当たると勝手に水が出てくるというわけのわからん代物。
sakanaburo.jpg
一体何を考えてるんだろう。。。

新鮮な水が出てくるのは良いにしても、浄水器がないので水が汚いままなので一体どうするんだろうって感じです。

*****************************************************
気を取り直して、日本から持ってきて助かってるもの。

ピアノの蓋がゆっくり閉まるようにするためのフィンガード(写真左)
娘がピザやおやつを食べたままの汚い手でピアノを触りまくるのでピアノのお掃除クリーナー(写真右)
piano.jpg
うちにあるのは中古のヤマハピアノで蓋ががしゃんと閉まってしまうタイプなので、フィンガードがあると娘の指づめの心配しなくてすみます。ピアノ用クリーナーはイタリアにはないので持ってきました。

Sさんが高級スーパーで買ってきてくれた高級味噌と高級醤油。
miso.jpg
持ってくるの大変だったけど、高級味噌でみそ汁作ったら娘はごくごく飲みます。

Sさん、ありがとね。Oさんにとっても美味しかった~とお伝えください。






2016.04.09 21:23|日本
今回で2016年日本滞在記最終回です。

幼稚園が24日で終わったもののすぐにイタリアに戻るわけでもなく、かといって家にいても娘が退屈するので無理をさせない程度に近場をぶらぶらすることにしました。

一時帰国するたびに一度は行ってる動物園に行ってきました。
ぞう
ゾウさんと一緒。

お昼は動物園前にあるうどん屋さんでカレーうどんを食べました。
カレーうどん12717897_10209479117763208_787830503297539096_n
美味しいんだけど、ボリュームがあるので食べるのはせいぜい一年に一度程度でいいです。

娘のお子様セットについてたコップに受けた。なんと今どきおよねこぶーにゃん
およねこ

別の日に花見に行ったものの、桜が全然咲いてなかったので海まで行ってきました。
海
海にたむろってたおっちゃんたちの話が面白くて大うけしました。

***********************************************
日本のお友達とも遊びました。

ご近所さんで、娘と同じ幼稚園かつ同じクラスのNちゃんと。
のあちゃん
Nちゃんのキュロットは園指定のものです。好きな男の子が履いてるから幼稚園がない時も履くんだって。

娘の一番大好きなKちゃんとおままごと。
かほちゃん
Kちゃんのお母さんのSさんとは古~い付き合いなので、一番安心して遊ばせられます。娘も母である私がSさんといるとリラックスしてるのが分かるのか、KちゃんやSさんとの打ち解け方がほかのお友達たちとは全然違います。(Sさんの事を親せきのおばちゃんだと思ってるような印象。)

こんな感じで、結構忙しくあっという間に1か月が過ぎてしまいました。

**次回からは通常のイタリア生活愚痴ブログに戻る予定です。


2016.04.08 20:32|日本
日本滞在中は3月だったのでまだ寒い日もありましたが、暖かい日には娘が幼稚園に行ってる間に少しだけ自転車で散歩したりしていました。

思い立って近くにある山のふもとの寺までチャリで行ってきました。イタリアに来る前は何とも思わなかった古寺ですが、国外に出てからは風情があっていいな~って思ったりします。
てら5441_10209439427730982_9152851432286708490_n

門をくぐるとこんな感じ。
てら2996999_10209439427770983_585453415515852834_n
このお寺一帯は自然歩道があって一年中ハイキングが楽しめるらしいです。展望台もありますが、上りませんでした。

寺からの帰り道の川沿いをパチリ。
サクラ1001023_10209439428531002_7240206260614977844_n
桜の季節になると満開になってとてもきれいです。

*****************************
別の日には、うちから新幹線で一駅離れた街に住むHさんが、たまたま私の実家近くの某サロンに用事があってくるというのでチャリで行ってきました。私もぎりぎりまで会いに行けるかどうか分からなかったのですが、たまたまいいお天気で自転車日和だったのと、娘も幼稚園に行ってくれたので会いに行くことができました。

Hさんとはイタリアつながりの関係で、会うのは10年弱以来ぶりです。(懐かしい!)

ご挨拶だけしてすぐにお暇しようと思ったのですが、この某サロンでオイルマッサージのモデルを急遽することになりリラックスさせてもらいました。

サロンで使ってたドテラのアロマオイル。見た目もキレイです。
オイル

Hさんによると、このサロンに出入りする人たちは皆ビーガンの知識があるとのことでちょっとびっくりしました。

ここのサロンのオーナーFさんとは偶然にも共通のお友達がいることが判明!(ちなみに、共通のお友達とは音楽教室経営のSさん)。話も弾み、すぐにフェースブックお友達しました。新たなご縁ができてとてもうれしいです。

Hさん、声かけてくださってどうもありがとうございました。面白い体験ができてとても楽しかったです。



2016.04.07 18:53|日本
3月17日~18日はディズニーランドにも行ってきました。

+ワンコインでグリーン車にアップグレードしました。やっぱり快適です。
新幹線

新幹線乗り場の売店で見つけた、高校生時代に校内の売店でよく買ってた懐かしいパン!
タケノコパン
卒業して以来食べてなかったので感激です。

ラッキーなことに富士山も見えました。
富士山

入り口で記念撮影
ディズニー

フローズンファンタジーの最終日でした。
フローズン

ランド内の日本料理屋で食べたお子様ランチ。
ランチ
ゼリーと人参がミッキーさん。

私が食べたのは海鮮お寿司。ちゃんとミッキーの形になってました。
2ランチ

二日目は大雨だったので、ランドに行くのはやめました。
ミッキーの電車
今日はミッキーさんの電車に乗ろうね~って娘をごまかしてモノレールに乗りました。

行き先は池袋のサンシャイン水族館。入場料大人一人2000円くらいで値段の高さにびっくり仰天((((;゚Д゚)))))))
サンシャイン水族館
昨日アップしたおさかなランドはタダなのに。。。。。。。。

帰りの新幹線を待つ間、にわか連結マニアもしてきました。
連結マニア

今回のディズニーランド旅行は娘がわがまま&東京駅や池袋駅で大暴れ&大泣きとわけがわからない状態で、せっかく大金はたいて母が払ってくれた旅行が台無しにされてしまったので、当分娘が大きくなって分別がちゃんとつくまでは行かないことにしました。うん、無理して行かなくていいよ。

2016.04.06 16:19|日本
実家近くには私が子供の頃から整備を進めている環状線があるのですが、土地の買収や予算不足等によりなかなか開通できない状態でした。既にアスファルトの道路は出来上がっていたのですが車は通ってないのでて、昔は広~い環状線でいとこたちと遊んでいたものです。

そして、環状線を開通させるにあたり、トンネル工事を数年前から行っていたのですが、今回の一時帰国中に偶然にもトンネルが開通するとのことで開通式に行ってきました。最初にトンネルが計画されてから完成までに40数年かかったそうで、まさに悲願のトンネル開通です。

開通式の数日前(3月6日)の状態。当然車は通ってない。
トンネル

3月12日(土)開通式当日。テントの中にはお偉いさん。
トンネル開通
トンネル近くに住む音楽教室主催者のSさんが司会をしていました。

太鼓の演奏もありました。
トンネル太鼓
太鼓の音が大きいのですが、見ていたおじさんたちが太鼓の音に負けじと税金について大声で話し合っているのが面白かった。(確定申告の時期だったからね。)

お昼ご飯を食べてから再びトンネルまで行ってきました。16時から車が通れるのですが、それまでは徒歩でトンネル内を自由に行き来できます。
トンネル開通後
娘と記念撮影

トンネル内を散歩。
トンネルの中
ばあば&孫の歩くポーズが同じで笑えた。

トンネルの先には「おせっ会」の皆さんが昔からのおもちゃや遊びで子供たちをおもてなし。
おせっかい
こういうのっていいな~って思ったりした。

再び、出発地点に戻ると今朝司会してたSさんたちがフラダンスやってました。
フラダンス

子供の頃から見ていた環状線&トンネルがようやく開通し、感慨深いものがあります。

 ******************************************
短い日本滞在なので、あまりあちこちに行くことはできませんでしたが、まずは隣町のおさかなランド(仮称)に行ってきました。前回の日本滞在の時にも行ったところです。→水族館と花菖蒲

マスコットキャラクターの○○りんと一緒。
いなりん

お魚とも写真撮りましたが、併設されてるふれあい動物園でモルモットと触れ合ってきました。
おさかなランド

ほんと、これで無料ってすごい!!!何度行っても楽しめます!


2016.04.05 19:05|日本
私の実家からチャリで5分ほどの某総合病院には、月に一度だけ日本人なら誰でも知ってるあの超有名な病院の美容皮膚科医の先生が診察に来てくれます。前回の記事はこちら→病院通い

技術はあの超有名病院で受けるのと同じなのに、治療費に関しては先生のご実家の病院で行うため人件費がかからない等の事で、信じられないくらいのお安いお値段で治療を受けることができます。

今回も娘が幼稚園に行ってくれてる時にチャリで行ってきました!

前回はご褒美程度の金額の糸でしたが、今回はその4倍の糸を顔全体(おでこは除く。理由は下記参照)に入れてもらいました。それでも相場の半額程度です。

一時帰国前に患った顔面帯状疱疹のせいで、おでこの右半分がちょっと皴っぽくなってしまったので、それを何とかならないかと先生に相談してみたら、「おでこにヒアルロン酸やボトックスを入れると確かに張って皴はなくなるんだけど、引力のせいで下に落ちてきてしまう。」とのこと。(多分、平子理沙や神田うのみたいなちょっと不自然なおでこになるんだと思う。) さらに、前回入れてもらった糸に関してはおでこには入れられないとの事。

そこで、おでこの皴に関しては

「病院処方のコエンザイムQ10クリームを塗るのが一番いい方法じゃないかな。」

ってなことで最初は

「受付で売ってますのでそちらで買って下さい。」

と言っていたのですが、顔に糸を注射してる間に先生と「何で帯状疱疹になったのか。」「イタリア生活について」色々雑談してたら

「大変でしたね・・・・・・・・。でしたらクリーム一つプレゼントします!!!看護師さん、受付にそのようにお願い!!!」

と突然プレゼントして下さることに(驚)。さらに雑談してたら(同情されてしまったのか)

「もう一つクリームプレゼントします!あとおまけにうち(の病院にある)100均でかった保冷バッグもつけちゃいます!!」

ってな感じで、高いコエンザイムのクリーム2つ+保冷バッグをプレゼントで頂いてしまいました。

先生、お心遣いありがとうございました。頂いた保冷バッグに入れてイタリアまで大事に持ってきました。

この一件を、地元の友人Sさん(学生時代からの友人)に言ったところ、

「あ~、わかる気がする。○○さんは昔からそんな感じで気前が良かったからね~。」とつぶやいていました。私は先生と同じクラスになったことないから直接は知りませんが、いい意味で目立ってはいたものの、悪い噂は全く聞いたことありません。

ちなみにこの友人Sさん、この美容皮膚科の先生とはなんと幼稚園から高校までずーーーっと一緒なんだって。(Sさんとは何十年も友人やってるけど初耳でした。)さらに、この幼稚園というのが娘がいつも体験入園させてもらってる幼稚園という、おまけ付き。

また次回帰国の際に時間とタイミングがあって治療してもらいに行けるといいな。










2016.04.04 17:52|日本
アメブロのchocoさん→ローマでお散歩 は、ローマと日本を行ったり来たりしている地元の友人です。彼女のブログを読んでくと何となくわかると思いますが、彼女は比較的時間に融通が利くので、突然の声かけでも会ってくれます。

彼女と会う時は大体chocoさんがお客さんを泊めるために作った「chocoホテル」でおもてなししてくれます。

写真を撮ってけというので、たくさん撮りました。ここがホテル(寝室)センスがいいと思いませんか?
yukahotel.jpg

手洗い所。左は壁のないトイレ。
yu3.jpg

別棟にはキッチンがあります。
yuka2.jpg
カーテンの向こう側でお料理ができます。

エスプレッソメーカーもあります。
yu5.jpg

食器はノリタケだそうです。
yu4.jpg

別の日にchocoさんにイタリア人へのお土産を買うために車に乗せてもらって出かけた際にごちそうになったランチ。
ゆか
chocoさんの友人が経営してるお店だけど、おかず全部手作りでこれだけ食べて800円!!お味もおいしかった~!!

chocoさんのお友達のご厚意でおまけにソフトクリームも頂いてしまいました。
ゆか212923114_10209600576119591_1743000749789212773_n

chocoさん、色々わがまま聞いてくれてありがとう。またあのシャンプーでよかったら買って持ってくね。


2016.04.03 14:57|日本
またまたブログを放置していましたが、実は日本に一時帰国していました。

今回はいつもより少し短めの1か月。しかし、やる事がたくさんあって、ほとんど誰にも会えないことが予想されたので「お忍び」帰国でした。お知らせできなったお友達(特にY子)、申し訳なかったです。

さて、今回の日本滞在ですが、イタリアの幼稚園が3月の24日から31日までイースター休暇なので、ちょっと前倒しして2月28日日本に到着しました。ちなみに、3月31日にイタリアに再入国。まだまだ時差ボケ中です。

今回の帰国は「年度末」ということで以前体験入園させてくれた幼稚園はさすがに忙しいだろうということで、今回は体験入園をお願いする気はなかったのですが、娘が「ようちえん」!!!というので急遽お願いし、3月3日のひなまつりから修了式まで預かってもらいました。

ひな祭りの日に登園したので、ひな祭り会にも参加でき、クラスのお友達とお雛様と一緒に記念写真も撮れたし思い出が残りました。クラスのお友達も娘のことを覚えていれくれてました。

例によって月謝と給食費、絵本等の実費のみで今回は制服や鞄も無料で貸してくれました。

日本の幼稚園としては大変珍しく、何かと融通のきく園なので本当に助かりました!

******************************
今回の一時帰国してまず最初にしたのは例によって歯医者通いと眼鏡の点検に加え、娘の日本のパスポートの更新です。初回取得からもう5年も経ったというわけで、時がたつのは本当に早いものです。

また、3月ということで色々なお教室が体験をさせてくれるというのでできる限り娘に体験させてきました。

①某楽器店の音楽教室は、教材やカリキュラムがよく考えられていてどんな先生が教えても子供たちはある程度は皆できるようになりそうだなあと言った印象。娘も楽しんでいました。

②キッズ空手も体験しました。イタリアだとごつくて怖そうなおっちゃんが先生で娘が怯えてましたが、キッズ相手という事でかどうか知りませんが細身で若い先生で、子供たちがあまり怖がらなさそうな先生でした。(「おかあさんといっしょ」に出てくる体操や歌のお兄さんと同じ雰囲気かな。) 

生徒が少ないということで、年中から中学生までの合同一クラスのみ。小学校高学年OR中学生の大きな女の子もいて、言葉の理解の遅い娘を助けてくれて娘も怖がらずに楽しんでいました。

③一応、日本のスイミングも体験させました。イタリアでは喜んで通っていますが帰国直前に水疱瘡で2週間も休みになりプールが恋しいかな~と思ってのことと、日本のスイミング教室事情視察したかったのもあります。いや~、イタリアと全然違う!

日本のスイミングは「事故が起きないように」狭い空間で二人の先生にガチガチに「監視」されてて、ほんのひと時も子供たちが自由にできない印象でした。イタリアは先生が一人の子を指導してるときはほかの子は自由にしていて楽しそうです。

スイミングに関しては、イタリアの娘が通ってるところのほうに軍配が上がりました。

④実家近くで幅広く音楽教室等を経営してるSさん宅の音楽ホールで子供たちの発表会があるというので娘を連れて見に行ってきました。娘と同じ年代の子が頑張ってピアノやバイオリンを弾いていました。

「教本は何を使ってるのかな~??」と私はそちらの方に関心があったのですが、どうやら音楽之友社のピアノランド(樹原涼子作曲)シリーズを使ってるようです。他にも何か使ってるようですが、とりあえず1冊あればいいのでイタリアに持ち帰ってきました。

娘には日本の小学校の音楽の授業で習う程度に楽譜が読めて、ピアノに関してはエリーゼのためにが弾けるようになれる程度でいいかなと思ってるので、娘の気が向いた時に少しずつ教えて行こうと思います。

以上、こんな感じで日本滞在の最初の2週間が過ぎてしまいました。


03 | 2016/04 | 05
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
243位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。