スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

②イタリア在住の方はフィンランド航空を利用してはいけません【続き】

2014.04.03 22:06|その他
前々回の記事→イタリア在住の方はフィンランド航空を利用してはいけません【拡散希望】に関して、イタリアに住んでる日本人の友人知人の皆様はもちろん、日本の友達にもご心配おかけしています。温かいコメント下さった皆様、本当にありがとうございます。

それでこの件に関する続きですが、関係各機関からの対応についてイタリア在住の日本人の方のお役に立てるように抜粋して載せておきます。日本に住んでる人には全然関係ない話なので、興味のある方だけ読んでください。

【日本の関係各機関からの回答】
在東京フィンランド大使館

「イタリアの滞在許可証に対し、フィンランドのパスポートコントロールで速やかに通過させてもらえるような書類を発行してもらう事は可能か」という、私の質問に対しての回答

フィンランド国以外の国が発行した「決定通知書」や「在留許可証申請中であることを証明する書類」を
フィンランドの国境警備(パスポートコントロールを実施する機関)は在留許可証に代わるものとして認めることができません。

たとえEU加盟国であっても国が違うとそれぞれのお国の事情までは把握できないのが実情です。
そのため、○○さんのようなご事情の場合は、直行便を利用して日本からイタリアへ直接入国していただく以外に方法がないと思われます。

残念ながら、私どもフィンランド大使館は、フィンランド外務省の出先機関であり、国境警備の出先機関ではないため、入出国手続きに関してなんら効力を発揮する書類を認めることもできない組織であるということをご理解いただければと思います。

また、同時に、在日イタリア大使館領事部に相談されることをお勧めします。


ってなわけで、大阪イタリア領事館に相談してみて、その回答

当館はイタリアに入国・滞在を希望する方たちに対してビザを発給する機関ですので、ご照会の件については直接ご案内を差し上げられる立場ではありません。

ですから、いただいたメールを拝読したうえでの私見を申し上げます。

フィンランド大使館からの回答を読むかぎり、重要な点は以下に引用する部分だと思われます。

『イタリアのパスポートで入出国される場合は、EU国民ですので、問題はありません。
ただ、この際は、お母様(○○様ご自身が日本国籍で、日本国のパスポートを使われるのであれば)との親子関係を証明する書類の提示が求められ
る可能性もあることを念頭においておいてください。
尚、パスポートコントロールでは、フィンランドの母語(フィンランド語または、スウェーデン語)以外の対応は、
英語のみです。書類等を整えられる際は、フィンランドの係官も理解することができる言語で準備なさってください。』

整理すると

お子様に関してはイタリアのパスポートで入国するので、問題なし。
お母様に関しては、日本のパスポートを使うので、『親子関係を証明する書類』の提示が求められる。書類は英語での対応。

ということですね。

つまり、フィンランド語訳またはスウェーデン語訳または英訳を添付した『戸籍謄本』を用意する必要があるということです。
日本国外務省のアポスティル証明を付け、訳文にはあらかじめフィンランド大使館の翻訳証明をつけれてもらえれば、なおよろしいかと存じます。

このような解決方法で十分かどうか、再度フィンランド大使館にご確認なさってはいかがでしょうか?


皆さん、この両機関の対応どう思いますか?????
特に大阪の領事館は問題をすり替えようとしています。


在フィンランドイタリア大使館に相談した事に対する回答(イタリア語)】

初回のメールに対する回答
gli Stati Schengen, Finlandia inclusa quindi, hanno deciso
che dal 19.1.2104 non sono più accetti permessi di soggiorno
cartacei italiani per entrare in Schengen.
Dovrà pertanto tornare in Italia con volo diretto, senza scali.
Non appena in Italia dovrete fare richiesta di un permesso di soggiorno
in formato "carta di credito". Questo formato dovrebbe sempre essere emesso
per soggiorni superiori ai tre mesi.
Cordiali saluti,

二回目のメールに対する回答
purtroppo non possiamo fare nulla. La nuova legge è entrata in vigore
il 19.1. Abbiamo provato a volte a intercedere ma senza risultato.
Il permesso di carta non consente più l'ingresso da fuori Schengen.
L'unica alternativa è un volo diretto. Provi a vedere come cambiare biglietto.
Sono spiacente ma non possiamo fare altro.
Cordiali saluti,


そして、在イタリアフィンランド大使館からの回答は未だにナシ。

・・・・・・・酷いものですよね。

そして、今朝旦那がマチェラータのイミグレオフィスで担当者(DIRETTORE?)と直接話したのですが、クレジットカード状のペルメッソは未婚の外国人(留学生)に対して発行、イタリア人と結婚した外国人に対してはA4の紙状のペルメッソを発行することになっているそうです。

そしてうちの旦那、何とTV局にもこの件をメールしたと言っていました。「番組で取り上げるかどうかは会議で決めるからちょっと待ってて下さい。」ってな返事を貰ったそうです。

という事で、まだまだ続きます。


スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
212位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。