スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知人の洗礼式(愚痴とくだらない妄想あり)

2015.01.12 04:47|娘について
1月11日(日)、知人の二人目の息子君の洗礼式があったので行ってきました。
洗礼式に招待されるのはこれで3人目です。

私はカトリックではないのでよくわかりませんが、地域によって洗礼式後の食事の方法が違うとのこと。
例えば、昔トリノの友人の娘ちゃんの洗礼式に呼ばれたときは「幼稚園OR保育園」貸し切りでサンドイッチやミニピザ、ポテチやスナック、ペットボトル飲料等の簡単な軽食立食式でした。当然プレゼントも高額現金ではなく、気軽な感じの子供用品持参のみでした。

今回はこの辺の洗礼式なので、式後の食事もレストランをほぼ借り切って本格的な昼食会。…ということで当然祝儀も高額(涙)いわゆる13時開始~18時ごろまでひたすら食べ続けるという、イタリア語の会話についていけない人にとっては苦痛な一日となります。(私もついていけないので、退屈&おなかがいっぱいになって太るという罪悪感。。)

祝儀が高額なのと、大体どんな一日になるか想像ができたのでテンション低~く洗礼式に出席しましたが、今日は洗礼式の神父さんに(個人的に)大うけさせられました。というか、神父さんによってミサの

ノリ

が全然違うもんだと、私にとっては面白い発見でした。

というのもこの教会の神父さん、体型は昨年お亡くなりになった中島啓江さんばりの巨体でマイクを片手にミサを行うのです。さらに説教だけはなく、マイク片手に自ら歌も歌ってしまうという。曲数もうちの近所の教会とは比べ物にならないほど豊富でみんなよく練習してるという印象。(神父さんを盛り上げるための”オーケストラ” オルガン、ギター、バックコーラスグループと、私は揶揄していた。)

また、説教するときのジェスチャーが大げさなのでその姿がジュディオングの「魅せられて」とかぶって仕方がありません。

こんなイメージ
ジュディオング
(画像は拝借しました)

洗礼をする場所も教会の隅に設置された専用の場所に行くのですが、歩き方が颯爽として舞台を早足で歩き回るロック歌手のような感じ。

DJポリスならぬ、

DJ神父、もしくは 

司会者神父 

と、我ながら大人げない冗談に大うけしながら旦那に話していました。(もちろん、ほかの人に聞こえないように教会の外で。)というか、こういう妄想に走らないとこれから始まる退屈な昼食会を乗り切れませんから。

私のこのあほくさい意見に対し、「そんなことはない。」とか「ばかばかしい。」いうかと思いきや、旦那は素直に私の意見に賛同したのできっと私の持ったこの印象は的を得たものだと思います。

レストランにていつも遊んでくれる面倒見のいい大好きなVちゃん(一番左の赤いワンピの子)たちと一緒に。
DSC04775ppppp.jpg
というか、週末で再び風邪を引いた娘は疲れ切って呆けた顔してるし。。。なかなかいい写真が撮れません。

17時にお暇しましたが、娘の鼻かぜが悪化してるし~~!!!!!!(というか、そもそもこんな寒い時期に洗礼式なんかするなと言いたい!!)

明日から幼稚園行けるかどうか心配です。



スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
791位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
200位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。