スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHIAMA BABBO(キアーマ バッボ)

2015.01.19 01:31|家族・友人
娘が幼稚園からもらってきた風邪が11日の洗礼式で悪化し、13日(火曜日)より自宅待機となっています。
そんな中、私も娘に風邪をうつされたらしく、14日(水曜日)から風邪の症状が出て声が全く出ず、更に微熱まで出てきてダウンしていました。

娘よりも私の風邪のほうがひどく、とてもじゃないけど旦那が仕事の時に娘の相手をするのは不可能なので、旦那に休みを取ってもらうことにしました。最初は普通に有休をとってもらおうと思ったのですが、病欠ということもできるというので、旦那の主治医に旦那の母が勤務先に出す証明書のようなものをもらってきてもらって、「水・木・金 と3日間旦那は病気のため出勤できない」ということにして、娘の相手をしてもらうことに。

病欠の日数分の給料は年金を払っているところからもらえるらしく、仮病ではないかチェックマンが家に来る可能性があるというので用心のため旦那は外出することができません。もちろん、私も体調不良なのでベッドでずっと横になっているしかありません。鼻かぜと咳が残ってるものの、比較的元気な娘は幼稚園に行くこともできず、旦那に散歩に連れて行ってもらえないのでストレスたまりまくりで、家では「おかあさんおかあさんおかあさん」と私の名前を呼んで八つ当たりしまくりで、なかなかゆっくりもしてられません。

ちょっと話そうとすると咳が出るので、寝室から旦那を呼ぶのに何かいい手はないかと考えた結果、これを使うことにしました。

だいぶ前に娘にあげたものの、全然使われることなく応接間に飾ってあっためばえの付録の救急車・・・・
DSC04778.jpg

・・・・についてる、ボタンを押すとピンポンと音が出るサイレン。
DSC04779.jpg

これを、私たちはCHIAMA BABBO と命名。
 (CHIAMAは英語でCALL, BABBOは お父さん)

ベッドから旦那を呼ぶときに使っていました。と言っても、普段は遊ばないくせに私が使いだすと「自分のものだ!!」と主張してベッドにおいてあるCHIAMA BABBOがいつの間に応接間の救急車の上の定位置に戻していた娘に邪魔をされ、旦那を呼ぶことなく、私がわざわざ旦那のいる応接間にCHIAMA BABBOを取りに行くこともしばしば。

最近 「これなあに!」 となんでも聞いてくる娘に 「CHIAMA BABBO」と答えたところ、そんな名前のはずはないと最初のうちは怒っていた娘ですが、私と旦那の普通の会話で CHIAMA BABBOと連発しているうちに、そういう名前のものだと納得したらしく、今ではCHIAMA BABBOと読んだりしています。

(注意!)娘は「ピンポン」という名前のはずだということをわかっているようです。

私もだいぶ回復し、CHIAMA BABBOの電池もなくなってしまったので、そのうち新しいCHIAMA BABBOを買いに行かなければなりません!!(← 旦那は「そんなもん、もういらん!!」と言っていますが。。)

スポンサーサイト

コメント:

No title

付録の救急車がこんな役に立つとは!
いつも、旦那さんを呼びたいときはこれ使うってのもあり?笑

しかし、そんな名前のハズがない!って怒る娘ちゃんの気持ちも分かるわ~。
救急車だってことは分かっているのよね?

No title

YOKO

キアーマバッボは体調不良の間大活躍したよ。使いすぎて電池切れ状態。たかが付録に電池補充もったいないのでそのままにしてる。

娘は、キアーマバッボじゃなくて「ピンポン」という名前のはずだと最初は怒ってたよ。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
739位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
193位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。