スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルデニアのチーズとパン

2015.01.30 20:06|
お正月にマルケ友達のT子さん宅でお邪魔した時のこと、おもてなしに

サルデニアのチーズとパン

を出されました。

旅行好きなT子さんご夫妻のことなのでサルデニアにでもいってきたと思いきや、私たちの住むところ(T子さん宅はうちから車で15分程度のご近所)から車で30分ほどのところにサルデニア出身の男性が作ってるチーズやさんがあるとのこと。実際にはお店ではなくて自宅に販売所を併設してるためイタリアには珍しく、年中無休・昼休みなし営業です。

サルデニアから取り寄せているチーズもあれば自分たちで作ってるチーズもあって、後者の自家製チーズはスタンダードなものだと1キロ10ユーロと格安です。

今回初めて買ってみたモッツアレラチーズに塩味をつけて凝縮したチーズ。見た目は鏡餅のよう。
DSC04792.jpg
パスタを作るときに熱で溶かしてあえて食べるのだそうです。

サルデニアのパン。(袋に入ってて見苦しい写真ですが。。)
DSC04793.jpg
ネットで見てみるとカラサウという名前らしいけど、私たちが買うパッケージにはCARASATSUと書いてあります。
パンと言ってもパンに見えなくて、紙のように薄いクラッカーのようで娘は大好きでぱりぱり食べています。
添加物なしでもかなり日持ちします。

今は寒いので店舗販売のみですが、温かくなったらチーズやさんが提携しているサラミやさん(←サラミのみ作るお店。生ハムは作らないという徹底したサラミ職人の店??)と一緒にお店でチーズとサラミのアンティパストだけ食べられるミニトラットリアをOPENするそうです。ちなみに、お店で食べる場合でもチーズやサラミの値段は持ち帰り料金と同じ価格で食べられるとのこと。

娘が日本語で「ありがとう」と言ったときに、「きゃーーーー!!今の日本語、私でもわかった~!!!!!!!!」と大興奮するくらいお店の人(チーズ職人の奥さん)がフレンドリーで面白いので春になったら食べに行きたいと思っています。


スポンサーサイト

コメント:

食べたいな~

手作りのこだわりの食品が買えるのって、すごくいいねぇ。
このチーズもパンも味が気になるよ~。

お店の人の人柄も良いってのもいいよね。
ミニトラットリアのオープンが楽しみだね。

No title

YOKO

ここは何にもないど田舎だけど、食の安全に関しては日本よりはるかに安心できると思う。日本ってマックの問題やら放射能汚染とか子持ちの人にとっては神経質にならざるを得ない状況だよね。その点、ここは安心。(旦那もそうだけど)住んでる人も食の安全にこだわってる人が多いので私も触発されてレトルト食品とか冷凍食品、加工食品はできる限り買わないでいるし、娘の幼稚園のおやつもできるだけ手作りしようという気になる。でも、日本に住んでたらたぶん広告やCMなんかに影響されて市販のレトルトとかお菓子とかバンバン買ってるかも。

ミニトラットリアは多分屋外にテーブルとか設置するんだと思うけど、(ブログに書いてないけど)人懐こくて愛嬌のあるブサ顔の大型犬がいるので、その犬とも再会を楽しみにしているよ。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
739位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
193位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。