スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食の安全とビーガンレストラン

2015.02.15 22:49|
私は決して食の安全について神経質というわけではなかったのですが、旦那と知り合ってこちらで生活するようになってから、更に食の安全について最近色々な報道やネット情報があるので益々関心を持つようになりました。

食の安全を比較的気にしてるうちの旦那はかねてから以下のようなことを言っていました。例えば

マクドナルドは大嫌い。食べ物の中に何が入ってるのかどうかわからないから。
→これは有名、異物混入のニュースが後を絶たない。

電子レンジは便利だけど、放射能や食べ物の要素が変わる(?)から必要最小限にしたほうがいいとか。
リンク・電子レンジは体に有害

市販の卵(や肉)はなるべくやめて、(旦那の)実家で飼ってる鶏の卵や肉を食べたほうがいいとか。
→市販の卵は、鶏に頻繁に卵を産ませるため成長促進剤が入ってる。女の子は生理が早く来たり、男の子は第二次成長期が早く来たりの弊害があるとのこと。旦那の実家では豚肉や鶏肉も自前で一年に一度大型冷蔵庫で保存するのでうちは在庫が切れたときしかスーパーで買わない。卵もスーパーで買うのは一年に数回のみ。

野菜は夏の間は実家でとれた無農薬の野菜が食べ放題で、冬の間はこの辺で取れる冬野菜を(仕方なく)店で購入。また、イタリア料理に欠かせないトマトピューレも夏の間に手作り(無添加・無保存料)、そして秋にはオリーブオイルも自分たちで作るのでピューレとオリーブオイルはまたスーパーで買ったことがない。ついでに言うと、ワインも自家製♪

私が個人的に実践してるのは、

イタリアで市販のおやつは甘すぎる(砂糖どれだけ入れてる??)って感じなので、園に持たせるおやつはせめて手作りするようにしてる。作る時間のないときは果物を持たせる。

食の安全とはあまり関係ないけど、日本のおやつでこちらで作れるものはなるべく自分で作る。(アンパン、どら焼き、揚げ餅などなど)

元来横着な私なので日本に住んでいれば市販のもので間に合わせていると思いますが、こちらにいると何でもかんでも嫌でも自分で作るようになってしまいます。

うちは大体こんな感じで、自分でできる範囲で食の安全や健康に関しては気を付けていますが、最近FBで知り合った方(Aさんとしておきます)からこんな事を教わりました。

食べ物のこだわりの一つとしてベジタリアンという考え方は結構有名だと思うのですが、それに加えてベジタリアンよりさらに制限に多いビーガンという考え方がある。大雑把にいうと、ベジタリアンは卵や乳製品も食べるけど、ビーガンはそれすら食べないということらしいです。【ほかにも色々違いはあるけど私も詳しく勉強したわけではないので省略】

ビーガンなんて私は全く聞いたことのない言葉ですが、自転車競技をしてて栄養学に興味にある旦那はビーガンについて数年前に知って少し勉強したことがあるとのこと。こちらの書店ではビーガンに関する本も結構売っていますが、日本にもあるのかなあって感じです。(というか、ただ単に無知な私が知らなかっただけかも。)

Aさんはご自分で実践されたビーガンのレシピをFBに載せていて私も少し興味を持つようになりました。そんな中、マチェラータにビーガンレストランがあるのを旦那が発見し、試しに食べに行ってみることにしました。

レストランの内装
DSC04829.jpg
インテリアとして桜沢 如一日本語の本が置いてありました。料理を待つ間に読ませてもらいました。

私たちが食べに行った日は夜にバレンタイン・ビーガンディナーをするのでランチにはビーガンのセットメニューはなかったのっですが、ベジタリアンのセットメニューがあるというのでそれにしてきました。もちろん、単品でビーガンメニューはありました。

赤カブと自家製セイタンのカルパッチョ
DSC04822.jpg
セイタンはこちらの健康食品コーナーでよく見かけますが、日本語だそうです。日本では聞いたことありません。
一応ウィキ情報はこちら→グルテンミート

farro(小麦の一種)と豆のスープ
DSC04824.jpg
オリーブオイルの味が強かった。

野菜のカルボナーラ
DSC04825.jpg
オーガニックスパゲティを使用。人参とジャガイモが入ってる。

なすとフェンネルとスカモルツアチーズ
DSC04826.jpg

緑黄色野菜(とメニューにあった)のソテー
DSC04827.jpg

自家製カーニバルのお菓子(はちみつがけ)
DSC04828.jpg

肉や魚はなくてもとてもおなかがいっぱいになりました。
私は(今のところ)ベジタリアンでもビーガンでもありませんが、今後のおうちごはんの参考になりました。


Wild Food Ristorante Natura
Via Della Pace, 87, 62100 Macerata, Italy
+39 389 898 2524





スポンサーサイト

コメント:

No title

食の安全って、普段はなかなか意識できなくて、市販品を多用しちゃうけど、これでは駄目よね。
野菜や卵などが自分のところで手に入るというのは素晴らしい事だし、安心して食べられるのって凄くいいよね。

我が家も両親が少しだけ野菜作りをしているので、ムシがついていようとも有難く美味しく食べてます。

ビーガンって、私も初めて聞いたよ。
卵と乳製品もだめとなると毎食は厳しいよね。
野菜好きだけど、ベジタリアンにもなれないけど。。。

日本の精進料理はビーガンなのかな?
しかし、イタリアのは色鮮やかで美味しそうな気がするね~。

No title

ビーガンって制限が多いからちゃんと栄養の勉強しないと栄養が足りなくて体壊すらしいよ。ちゃんと知識を得てからだってさ。私も娘がいなかったらたぶんビーガンにすると思うけど、ビーガンに近い食生活を目指してるよ。だから、うちは豆料理が多い。

添加物って日本にいるとすごいたくさんあるなあとつくづく思う。

精進料理ってよく知らないけど、殺生禁止ってやつでしょ。これも体によさそうだよね。日本は色々な料理が食べれていいけど、地産池消ではないのでそれもあまり体には良くないらしいよ。

奥が深くて、なかなか実現は難しい。
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
192位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。