スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア中部地方の地震について

2016.08.25 21:18|その他
日本でも報道されていますが、24日の真夜中(イタリア時間の)3時半くらいに私の住んでるところで大きな地震がありました。うちは震源地から100キロくらいです。(アスコリにも日本人の知人がいるのですが、そちらの方が大変だったかも。)

私の感覚で、大体震度5くらいかな(あくまでも「感覚」なので、実際の震度とは違います。家が石でできてるからその恐怖心から実際より大きく感じたのかもしれません。)と思うほどの大きな揺れで目を覚まし、大急ぎで家のドアを開けて逃げ道確保しました。

台所ではガチャガチャ音がして食器棚から食器が落ち、居間の本棚からは本や写真たてが落ち床に散乱。幸いなことに台所の食器棚の下には子供用の柔らかい素材のマットがしいてある部分だったので破損せずに済みました。居間は畳なので、もちろん写真たても無事でした。

とっさに、旦那にヤフーイタリアを見ろと言っても、ヤフージャパンみたいに地震速報やってません。テレビをつけても、昔の映画をやってて画面上下に地震のテロップが流れるわけでもないので、ニュースをやってる番組を「探す」ことで情報を得るようにしました。地震が起こっても日本のようにサクサク情報が入らないので、それが不安でした。

最初の揺れからしばらくして絶対に余震が来ると思っていたので、最初の揺れが収まってもそのまま起きてることにしました。

一方、イタリア人の旦那は「眠いから寝に行くわ。」と娘を連れてベッドに行って再び就寝。すぐにいびきをかいてる始末。私は内心

「こんな状況でよく寝れるなあ。。」と呆れていました。

そしたら、案の定約1時間後くらいに余震があり、新たに色々なものが落ちてきました。(さすがに、この時には再び旦那も起きてきた。)

最初の余震が終わってからは再びベッドに戻りましたが、小さな余震が続いていてなかなか寝付けなくて24日日中は寝不足気味。その日の夕方くらいにも震度2くらいの余震がありました。地震のあった日は、外での仕事(家のプールの掃除とか、庭仕事)をしてなるべく家にいないようにしました。そのため、PCを使ってのブログ更新はしませんでした。当日ブログ更新できたイタリア在住の方は、ほとんど揺れなかった地域にお住まいの方だと思います。

家の中のいるよりも外にいる方が安全なので、夜もインラインスケートリンクに行ったものの、閉鎖してて、しばらくして管理人さんが来たものの「今日は地震の影響でリンクは閉鎖します。」との事。金曜日には再開するそうです。

リンクのある町内を少し散歩してみると、住人たちは外に出ていました。やっぱりなるべくなら家の中にいない方が安全だからかなと思いましたが、ただ単に「夏だから」ってだけの理由かもしれません。

そして、地震が起こった翌日25日(今日)の早朝5時半くらいにも余震があって目が覚めました。今日は今のところ早朝に揺れて以降余震はありません。

本当は、月曜日に行った小旅行の話やらほかの事を書こうと思っていたのですが、フェースブック等でつながっていない日本のお友達から連絡が来たので、このブログを更新しました。Kさん、心配して下さってありがとうございます。私たちは無事ですよ!旦那はいまでもN島さんが自分の顔をジーーーっとのぞき込んでたことを楽しそうに話します。また、お食事できたらいいですね!

次回は、通常ブログに戻れたらいいなと思います。



スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

02 | 2017/03 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nao

Author:nao
イタリアの片田舎に旦那と娘の家族3人で生活しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
327位
アクセスランキングを見る>>

che tempo fa

visitatori

dal 16 06 2013

Flag Counter

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。